(アニメ感想) School Days 第1話 「告白」

スクールデイズ




その子の事について知っている事は隣のクラスであると言うこと。単に同じ電車に乗っているだけと言う、ほんの小さな発見だったけど、それからと言うもの俺は彼女の事が気になり初めていた。そして・・・。はい、今期の注目作の一つでございます。鬱作品だと評判ですが、見た目はよくある学園恋愛アニメと言う感じ。原作はかなり人気があった作品ですので、非常に楽しみにしております。

主人公は伊藤誠。どうやら、奥手で優柔不断な性格の持ち主のようで、現在は隣のクラスの桂言葉を電車で見かけるも、なかなか告白出来ない状況にある模様。まあしかし、良く奥手だと言いますが、普通電車だけで会う人に告白するなんて事、なかなか出来ないですよね?

そんな誠に、何かとちょっかいをかけてくるのが、西園寺世界。明るいムードメーカーで、意外にも男子生徒の人気があるとのこと。しかし彼女に、桂言葉を好きだと言うことを知られたのが、運のつきでありましたね。まあ、女の子と言うのは、人の恋愛に興味津々で、何かと余計な世話を焼いてくるものなのです。

ただ幾らそうは言っても、誠のために、わざわざ言葉と友達になり、携帯のメルアドまでゲット、なおかつ二人の恋を応援してくれると言うのは、やり過ぎ感があるか・・・。

いやそもそも、女の親切には絶対に気をつけたほうがいい。きっと後で大きな代償を支払わなければならなくなるから・・・と、おっさんの勘が申しております(苦笑)。

最近は、「主夫」なんて言葉も聞かれ、男も家事や洗濯ぐらいで出来なくてはダメど言われるようなになってから、久しい気がしますね。それでも、なぜこうも男と言うやつは、料理の上手な女の子に惹かれるものなのでしょうか?

世界が強引に、取り付けた約束。言葉と三人での食事・・・言葉は、誘われたからと気合を入れて、二人ためにお弁当を作ってきてくれたのです。

しかしまあ、なんと言うか、こなた風に言うと「おなべとか爆発させるタイプ」なのでしょうね、言葉は(苦笑)。そして、まずい料理をうまいと我慢して口一杯に頬張る・・・これも定番でしたね(笑)。

思い切って告白してみれば、意外にも相手はそれを受け入れてくれた・・・。実は、誠と同じように、言葉もずっと彼の事を気になっていたというオチ・・・。まあ、世界の一押しがなければ、この恋は実らなかったのですから、彼女には誠も頭が上がらないでしょうね。人間、行動あるのみなのです。傷つくことを恐れていてはいけません。しかし・・・。

これは、あまりにも反則的だ・・・そして大きな裏切りだ。確かに、不自然だと思える部分はありました。「なんでここまでしてくれるんだ?」まさに、誠のそんな純粋なる疑問に、世界が応えた形となったのです。そう、不意打ちのキッス・・・。

応援していると言いながらも、誠と言葉の距離が近づくにつれ、どこか戸惑いを見せていた世界。本人の中で意識があっての事か?それは一つの疑問であったわけですが、どうも確信犯的である事が、最後のキスで判明いたしました。

三人の関係をドロドロにしてしまう、まさに悪意ある世界の(あえて言わせて頂きます)あの行動・・・この作品が、鬱だと言われる所以がようやく分かった気がします。まあ、世界にキスされ「ホケ~」と腑抜けになった誠もたいがいですけどね(怒)・・・。

さて、決してときめくような恋愛物語ではない事が、はっきりと分かりましたね。しかし、すでに一話の時点で、告白から相思相愛、そしてドロドロの三関係までもっていくとは・・・。

視聴者を惹き付けるため、初回の最後で衝撃的な、演出的を試みたと言うのは分かるのですが、正直困惑してしまいました。まあ、この作品の色が見えたところで、今後は誠と世界の関係がどう変化していくのか?取りあえずは、そこに注目して見ていきたいですね。次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

School Daysビジュアル・ガイドブック


School Days - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.blog.livedoor.jp/guruguru2113/tb.cgi/51004368
http://app.blog.livedoor.jp/yami_yahma/tb.cgi/51540881

0 Comments

Post a comment