(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に解 第2話 厄醒し編 「鬼ごっこ」

TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」ファンディスク




雛見沢での楽しい日々。学校では圭一、レナ、魅音、いつもの部活メンバーに加えて、詩音も参戦して、部活が熱く盛り上がる。今日の部活は鬼ごった。果たして誰が生き残るのか?そして、ついにそれが開始された・・・。月明かりの下、繰り広げられる梨花の独り言・・・飲んでいるのは、もしかしてワイン?(汗)ほほう~、これまたおしゃれな○学生ですな~(苦笑)。

どうやら、彼女の中には最低二人以上の人格が同居しているようです。そんな彼女のセリフ「レナが立ち直ったこともそうだけど、圭一が別の雛見沢のことを覚えていたなんて・・・」・・・これは、今後の展開において一つのポイントとなりそうですね。

朝、栄養剤の注射を打つ沙都子。注射器と言うと、どうもこの作品ではいいイメージがないのですが、どうやら沙都子の体質とピッタリしと言うことで打っているらしい。つまりは、実験台と言うわけか・・・しかし本当に、沙都子の体にピッタリと言うのは本当なのでしょうか?どうにも、きな臭い感じがします・・・。

さて、朝早く学校に通う沙都子と梨花。そんな二人を見て「二人とも真面目で天使みたい・・・」と絶賛する担任ですが・・・天使のような顔をした悪魔がここにはいますよ~ニパ-。実は、沙都子の奴は、朝早く学校に来てトラップの仕込みをしていたと言うのだから、本当に恐ろしい子です。

ところで、今回は詩音が圭一達と学校に通っていると言う設定のようですね。しかも、さとしから頼まれたということで、沙都子を何かと気遣っているようであります(と言うか保護者?)。沙都子も彼女になついているようですし、これまた斬新な設定ですな~。

放課後は、いつもの面々で鬼ごっこ!!まずは、沙都子が鬼のゾンビゲーム・・・なんともおぞましい遊びだ。

隠れた圭一をあぶりだそうと魅音は卑劣な罠を仕掛けるのですが・・・これがまた、ヒドかった・・・。

圭一の家が火事」だの、「家に飛行機が突っ込んだ」などはまだ序の口。「圭一が覗き魔」だの、「下着を頭から被ってた」だの、「女の子の笛をピロピロしていた」だの・・・圭一の性癖に触れ、魅音はあることない事、他の生徒に吹き込みやがった!!(苦笑)まあ、最後まで耐え切った圭一には良くやったと言うべきでしょう。うんうん、男だね・・・(苦笑)。

どうやら、ここは変態の巣窟のようです(苦笑)。レナを捕まえようとするが、彼女の小悪魔的仕草にまいり、股間を押さえて石化する圭一。そして、罰ゲームでレナに着せられた、梨花と沙都子のゴスロリメイドコスに反応して、突如現れた入江・・・本当にこの村は変態ばかりだ(苦笑)。

と言うより、レナは圭一の白鳥コスにも萌えられるんですね。さすが、お持ち帰りマニア!どんなものにも愛を示せるというのは、素晴らしきことです。でも、入江先生は全力で危ない・・・やはり詩音に守ってもらったは正解でしたね・・・(苦笑)。

さて、前期でもそうでしたが、まず序盤は穏やかな日常の風景を描くと言う構成。しかし、その中でもいくつか気になる点はありました。

一つは、鬼ごっこの時、「実は私もおねえも鬼のふりをしていただけなんです・・・」と言う詩音のセリフ。鬼のふり・・・これは彼女達の秘密に関わる、何かの暗示なのか・・・。

そして、梨花の言葉「何か悩みがあるのなら、まず仲間に相談する。それが一番ですわよ」。これに梨花は「その言葉を誰に聞いたのですか?」と驚いた顔で聞き返していましたが、それは、別の雛見沢で圭一が言ったセリフと、どこかでリンクしているものなのかもしれませんね。もしくは、ただの偶然なのか・・・やはり気になるところであります。

例のごとく、惨劇の匂いがしてまいりました。しかし、救いとなりそうなポイントも示されており、今後この編でどういった展開がなされていくのかは注目です。飽くことなく繰り返される悲劇・・・それでも運命に抗うというのか・・・次回にも期待しましょう。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


DJCD「ひぐらしのなく頃に」猿回し編 第1巻



ひぐらしのなく頃に解 - livedoor Blog 共通テーマ

http://grunge-street.net/blog/sb.cgi/1378

0 Comments

Post a comment