K-1グランプリ2005決勝戦 感想 後半

結局準決勝のトーナメントの組み合わせは・ボンヤスキー VS シュルト グラウベ VS 武蔵となりました。両方の対戦とも二度目の対決ですね。しかし、やはりアーツが怪我をしましたか、これも心配してたのですが残念です・・・と言うわけで残りの感想です。準決勝 第一試合 ボンヤスキー VS シュルト・・・正直どう考えてもボンヤスキーが勝てないと私は思っていたのですがまさかここまで圧倒的に勝つとは。いや、圧倒するとは思っていたのですがあっさりKOで倒すとは思いませんでした。ボンヤスキーは全く何も出来なかったですね。これは実力差というやつなのでょう。シュルトは強すぎる!!

 
準決勝 第二試合・・・グラウベ VS 武蔵・・・グラウベも一回戦のグットリッジとの戦いを見る限りはそんなに調子よくないから武蔵が判定で勝つかもと思っていたのですが、強かった・・・正直実力さがあると思ってなかったので意外でした。武蔵は体が重かったのは事実ですがそれにしても最後横を向きながら真っ直ぐ下がるのは悪いクセですな。戦いにおいて少しでも隙を見せたほうの負けです。見事にKO負けで散って私はある意味すっきりしました。去年の決勝進出者揃って準決勝で全否定!所詮お前達には資格がなかったのだと言わんばかりでしたね・・・。

決勝 シュルト VS グラウベ・・・シュルトの決勝は予想してましたがまさかグラウベが来るとは誰が想像しましたかね?私は、開幕戦シュルトと当ってしまったから彼は決勝にいけなかったけど十分に資格のある選手だと思います。と言うか、今なら、バンナやアーツ、ボンヤスキーにも十分勝てると私は思っています。ですから、谷川Pの言うようにあれは事実上の決勝戦だったんですね。ただあのときシュルトは圧倒的実力差を見せてましたから勝つのは難しいと思ってましたがここまで圧倒するとはしかも、ロープに首をうなだれて失神している姿は恐ろしい光景でした。まさしく処刑人、ここまでどうしようもない強さを見せ付けられるとは・・・。確かに、今彼に対抗できる力を持った存在はいないでしょう。我々は気長にそんな選手の登場を待つしかないのでしょうか?
それにしても、シュルトの攻撃パターンは単調とは言え脱出不可能な勝利の方程式を導きだしていると思います。離れれば、ジャブ、前蹴り。接近すれば膝。もうどうしようもないですね。器用に回りこんでローキックを打つしかも顔面は鉄壁のディフェンスそんな選手なら勝てるかもしれません。あっ、ロイド・ヴァンダムがいたな。彼と戦わせて欲しいですね。

今回は、ここまでシュルトは強いと納得せざるを得ないというか十分説得力のある試合をしての王者になので何も言うことはないですね。彼こそ最強です。私的には大満足の大会でした。本物の王者が見られたこともそうですが、試合内容も納得です。KO出来る選手にシュルトが変貌したこともこれからのK-1にとってプラスに働くと思いますが、セフォー戦はいい加減倒してやれよ!とイライラしましたけど・・・。あれはセフォーがなまじ打たれづよいだけに地獄の苦しみを味わうことになった試合ですね。ただ、シュルトはもっとパンチの技術を磨いて欲しいですね。ジャブはいいですけど右ストレートって出しましたっけ?パンチをもっと使うようになれば派手な打ち合いも見られるのにね。これだけ強いんだからそろそろ見せるってことにも拘っていって欲しいですね。
来年からのK-1は実力主義に戻りそうで楽しみです。シュルトよKOで勝ち続けろ!!


K-1 WORLD GP 2004(決勝戦)

0 Comments

Post a comment