(アニメ感想) 格闘美神 武龍 第7話 「ねじれたハートで」

しかし早いものでこのアニメも、もう7話まできましたか。きっと1クールで終わるだろうからこれから最終ボス女との戦いまで急展開で話しが進んで行くのだろうなと思います。最近はほんの少しだけお話しの方も面白くなってきました。さて、今回のお色気はあるのでしょうか?



kakutou051121004kakutou051121005kakutou051121006kakutou051121007

プライムマットでの蘭の勝利を目の当たりにし自分もと意気込むめぐみ。しかし、ある日浪花女子プロレス社長に呼び出されて八百長の話しを持ちかけられます。めぐみの対戦相手チャンはツァオ・ダッヘンが推す未来の人気選手。しかしめぐみに勝てる器ではないためめぐみに出来レースを持ちかけたと言うことですな。

まあ、格闘技の世界でもたまに八百長疑惑が問題になりますけど勝たせたいのなら何も八百長を仕掛けなくても弱い選手と戦わせればいいことだと思うのは私だけでしょうか?真剣勝負の格闘技大会なんだからそんなことして勝たせても次で無様に負ければ意味がないですしね。ああ~、きっとそこまで考えてないのでしょうこのシナリオ書いた人は・・・。

kakutou051121001

思うところがあるのかいつも以上に鬼気迫る表情で練習を続けるめぐみ。そこへ、たまたまめぐみの様子を見に来た蘭にめぐみはガチンコのスパーリングをしようと持ちかけます。必死の形相で打ち込んでくるめぐみですが蘭は涼しい顔でしかも片手でその攻撃を受け流します。ガチコンで戦うことの厳しさを思い知っためぐみ。「真剣勝負の先にあるものが何か見極めたい・・・」そういって泣き出してしまうのでした。

kakutou051121003

手抜きですか・・・。いくらなんでも攻撃を片手ではひどすぎません?ドラゴンボールじゃないんですから・・・。このアニメは格闘アニメなのになんで動かすのを面倒くさがるのでしょうね?しかも、最後のあの大昔のスポ根アニメのような音楽は一体?もう何がしたいんでしょうね。テーマ性もさっぱり見えてきません。第一格闘技大会に中国拳法の使い手が最強と言う時点でもうセンスを疑われます。しかも、プロレス論を語ってみたりとか・・・格闘技とは関係ないと思うのですけどね。今日はお色気もあまりなかったですね。来週の展開もあまり期待できないですが、どうせ最初は八百長をやるつもりのめぐみが途中から真剣勝負に・・・てな展開になるんでしょうけど。まあ、一応次回に期待してます。

kakutou051121002



格闘美神武龍 1

0 Comments

Post a comment