(アニメ感想) ヒロイック・エイジ 第16話 「幾つの定めを超えて」

ヒロイック・エイジ II




守られた希望・・・人類は、その美しき星を目の当たりにする。それこそが、人類にとっての故郷・地球であった。そして、地球へと降り立った人類が見たものとは・・・。
今、エイジは深い眠りについています。あれだけの戦闘を繰り広げた後ですから、今はゆっくりと、静養して欲しい。そして、その隣にはあのメヒタカの姿が・・・。やはり生きていましたか、まさか人類側が保護していたとは・・・正直これには驚きました。

この二人が目を覚ました時、果たして何が起こるのか・・・まあ、メヒタカが争いを望むはずもありませんから、何も起こらないでしょう。銀の種族に、その存在がバレない以上は、メヒタカもここで静かに暮らしていけるはずです・・・そう、見つからなければ・・・。

ああそうそう、バカ兄弟は現在軟禁状態です。まあ、彼らの無謀な指令によって、艦隊に多くの被害が出たことを考えると、こんなものでは済ませられるわけもないのですが・・・。愚かにも、まだ彼らは浮上するチャンスを狙っているようです。評議会をうまく抱込み、再び指揮権を握るつもりなのでしょう・・・どこまでも愚かな・・・。

カルキノスに定められた契約は、ユティを戦いより守ること。「お前を戦いから守る事が俺の契約の定めだ・・・」この発言、契約と言う言葉がなければただのプロポーズにしか聞こえない(苦笑)。まあ、ユティ自身も、どうやらまんざらではない様子。「契約など・・・」そんな風につぶやき、彼の元を去った・・・。彼女の中に芽生えつつある一つの感情・・・やはりそれは「恋」と呼べるものかもしれませんね・・・。

評議会の結論が出た・・・。艦隊はバカ兄弟が引き続き指揮するものの、実質的な総司令官はニルバール。そしてエイジはアルゴノートに所属し、連合艦隊より独立することになった。

まあ、ニルバールは非常事態と言う名目で、いつでも全軍をディアネイラの元に結集することが出来る。つまりバカ兄弟は、お飾りに過ぎないわけです。どうやら、評議会は体面を守ることに一生懸命のようだ・・・。

先に目覚めたのはエイジ。そうと聞いて駆けつけたイオラオスが、談笑しているエイジとディアネイラを見て、複雑な表情を浮かべたのが印象的ではありましたね。二人の間には、もはや運命とも言うべき、強い絆があります。そこにイオラオスが、入り込む隙間はあるのか・・・だが、本当に複雑な心境にあるのはアネーシャなんでしょうね。彼女の秘めたる想いを理解する者は、誰もいない・・・

そして、目覚めたメヒタカ。田村と釘宮の無駄な抵抗は見なかったことにしよう(苦笑)。それはともかく、「もう戦うなくていいんだ」と言うことを知った時のメヒタカの涙には、激しく心を打たれたものでした。

ところで彼を縛っていた契約は、「銀の種族に従う限りポレ族は繁栄する」「ノドスとして力を尽くすまで銀の種族に従う」「銀の種族のノドスが危ない時は助ける」と言うもの。

しかし、エイジとの戦いで彼は力を尽くしたので、もう契約からは解放されるであろうとの事。問題は、やはりメヒタカが生きていると知れば、ユティはポレ族を滅ぼす可能性があると言う事です。

そんなメヒタカの不安を、ディアネイラはポレ族を守ると約束する事で解消しました。そして、メヒタカにはもう戦う必要はない事も告げます。つまり、彼女は無条件でポレ族を救う事を約束したわけです。

この言葉にメヒタカは心からの敬意を示し、彼女達と共に戦うことを決意します。なるほど、その真心によって相手を屈服させる事が出来る・・・やはりディアネイラは恐ろしい女だ(苦笑)。

さて、人類の未来は銀の種族を倒すことでしか開けない、そうした空気が蔓延しています。しかし、かつては銀の種族側であったメヒタカにも様々な事情があったように、銀の種族にも戦う大儀と言うものが存在するのです。人類にとっての正義が、必ずしも宇宙の真理とは限らない・・・だが今は、互いの生き残りをかけた戦いに身を捧げるしかないのか・・・次回の展開にも期待です。

ところで、最強であるはずのエイジよりも、強いかもしれないユティ。カルキノスにも、メヒタカにも彼女を守ると言う契約がありました。恐らく、レクティにも同様の契約が存在するでしょうね。では、ユティは?実は、もっとも縛りが多いのは彼女である可能性は高いと思います。やはり、ユティの真の実力が気になる・・・。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ヒロイック・エイジ I

ヒロイック・エイジ - livedoor Blog 共通テーマ

http://abaton14.blog79.fc2.com/tb.php/350-f51a31a0
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/1384-4a749292
http://blogs.yahoo.co.jp/gonta918komu/trackback/1122559/49994046
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/15909270
http://blog.seesaa.jp/tb/49291569

0 Comments

Post a comment