(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話 「その日、機動六課(後編)」

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2




戦闘機人による突然の襲撃。これを迎え撃つ機動六課だが、苦戦を強いられてしまう。そして、いよいよスカリエッティの目的が達成されようとしていた・・・。始まった戦い・・・。「甘い!」うむ、確かにヴィータは甘い。覚悟をもって挑んだ戦いの最中に、敵の話しに耳を傾けようなど、あまりにも甘い。ヴィータだけは、そうした甘さを払拭した軍人であると思っていたのですが・・・自身と似た匂いを感じ、情にほだされたか・・・。

それにしても、ゼストとアギトのユニゾンの相性があまり良くありませんね。やはり、アギトはルーテシア以外ではダメなのか・・・。

一方、スバル、ティアナ、キリオ、キャロとノーヴェ、ウェンディの戦い。ティアナの幻術に戦闘機人が、幻惑されている!「奴ら戦闘機人システムの事を知っている?」と言うウェンディのセリフがありましたが、彼女達のシステムにはどこか欠陥があるのか・・・今後、これは一つのポイントとなりそうですね。しかし、この件については、ティアナも分かっていて実行したのだろうか?だとしたら、その情報は誰から得たものなのでしょう?もしかして、スバルの父か・・・。

ところで、皆の連携がますます向上していますね。つくづく、なのはのスパルタ特訓の成果だと思います。こうした非常事態で、彼女達の成長の跡が見られるというのは、全く嬉しい限りでございますね。

そして、なのは達とスバル達がようやく合流。これで、なのはとフェイトにデバイスが戻りますが、この時、スバルはキンガの身に起ころうとしている危機を予感します。実際、ギンガは戦闘機人達との接触を果たしていたわけですが、ギンガを見た戦闘機人のセリフ「もう一機のタイプゼロ。ファースト」はまさか!?

虫の知らせなのか・・・逸るスバル。しかし、たどり着いた先で、彼女は衝撃的な光景を目の当たりにします。血を流し、倒れたギンガ。そしてその側には、戦闘機人の姿がありました・・・。怒り狂うスバル。もはや、手がつけられない・・・ただ、彼女は怒りに我を忘れ、敵に突進するのみ。

スバルの目の色が変わった?それは、覚醒の合図である。なんだこの力は!?相手のガード魔法を打ち破るパワー!しかし、ノーベェとスバルはつくづく似ている。使う技も、そして性格も・・・だが、捨て身の攻撃を仕掛けるスバルは、ノーヴェにとって脅威と映ったことでしょうね。

なのははいつ来る?それほど、移動速度に差がついたのか・・・。今のスバルは確かに強い。しかし、その身がいかに傷つこうが厭わないあまりにも、無謀な前進は、危険であります。・・・と、スバルの剥がれた皮膚から、むき出しとなった・・・・これは機械か?前々回辺りから、それを匂わすシーンが何度かありましたが、やはりスバルも、戦闘機人であったようですね。おそらく、ギンガもそうなのでしょうね。

そして結局、ギンガは敵に連れ去られしまいます・・・己の無力さに打ちひしがれるスバル。いや、今そうした思いの中にあるのは、彼女だけではありませんでした・・・。これは、六課の完全なる敗北と言ってもいいでしょう。大いなる絶望感がそこには蔓延していたのです・・・。

さて、何とも見所の多い回でしたね。まず、ヴィータですが、フルドライブ化したゼストの前に、見事なる敗北。ファイゼンを破損し、さらにはリインフォースにも重大なダメージを与えてしまいます。「また救えなった・・・」彼女の絶望感が強く伝わってくるようでした。しかし、仮にあの場にシグナムがいれば・・・そんな風に思えるのが、唯一の希望か・・・。

また、昔とった杵柄とばかりに、素晴らしい射撃を見せてくれたヴァイスですが、今回は彼自身が抱える心の闇が、明らかとなりましたね。射撃ミスにより、任務に失敗。またそれだけでなく、人質の少女を傷つけてしまったようです。ただ、こうしたトラウマを抱えている身だからこそ、出来るアドバイスもあるでしょう。今後のティアナの成長にとって、ヴァイスはやはり重要な人物となりそうですね。

そして、スカリエッティによって「プロジェクトF」の基礎を組み立てられた・・・と言う事実も明らかとなりました。フェイトやエリオは、その技術によって生み出されたクローンであるわけですが、スカリエッティ自身はこれを「忌まわしき生命創造技術」と評していました。と言うことは、戦闘機人はその進化系として生み出された技術なのでしょうかね?

しかし、幾ら周到な準備があったとは言え、あまりにもうまく出来すぎであったような気がします。やはり、地上本部か管理局内に内通者がいるのか?今回の件を受けて、ゲイズは果たしてどういった動きを見せるのでしょう・・・。

さてそんなわけで、六課の完全なる敗北でしたが、今回の戦いにハヤテ、なのは、シグナムが参加していなかったと言う事実は、むしろ希望が繋がったとも言えるでしょう。よくよく、考えたらリミッターも解除されてなかったですし、ヴィータやフェイトにも、十分リベンジのチャンスがあると言えます。

ここで一度、主要キャラ達を絶望に突き落とすと言う、ストーリーの山場を作り、そこからの這い上がりを期待させる今後の展開・・・それにしても、やはりここが最大の見せ場とばかりに、作画には力が入ってましたね。特に戦闘時には、それが顕著に現れていました。

私はA’Sからこの作品を見ていますが、SSではいまいち感情に訴えるものが乏しく、半ば失望していたところにこれです。その失いかけていた熱と言うものを再び取り戻すことが出来た気がします。スバルがキレたシーン、ヴィータが絶叫する場面・・・まさに、心が震えましたね。

これこそが、私が望んでいたリリカルなのはなのです。もう何も申しません・・・ただただ、次回が待ち遠しい・・・さあ、取り合えずはこの状況、どう収集つけるのか?次回にも注目していきたいと思います。

ついに、その姿を現した黒竜・ヴォルテール。あまりにも、非常識な巨体とその破壊的パワーに絶句・・・。本当にこんな強大な存在をキャロは手なずけているのか?くれぐれも暴走しない事を祈っております。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1


魔法少女リリカルなのはStrikerS - livedoor Blog 共通テーマ

http://d.hatena.ne.jp/yukarinX/20070726/1185449929
http://d.hatena.ne.jp/Donky/20070727/p1

0 Comments

Post a comment