(アニメ感想) ケンコー全裸系水泳部ウミショー 第5話 「あたしのもほしい?」

ケンコー全裸系水泳部ウミショー 6 限定版 (6) (少年マガジンコミックス)




嵐により住まいのイカダハウスが壊れてしまったあむろとあむろの父は、沖浦家に居候することになった。あむろとの同居を意識している要と全く気にせずいつも通り自由奔放なあむろ。その態度にイラつく要は思わず、あむろにキツイ言葉を発してしまう。その言葉を聞いたあむろは、悲しげな顔をして、家を出て行ってしまった!・・・。やはり、こういう展開となりましたか。ちょっと気になるあの子との同居生活・・・それは、まさしく男のロマン!!でも、あむろのようにあそこまで大っ広げにされると、色気も何もあったものではないですね(苦笑)。

あむろ禁止令!!そりゃねえ、若い男女が一つ屋根の下、何が起こるか分かったものじゃありません。しかし、自制心を保とうとする要は、なかなかに立派な若者でございます。普通は、誘惑に負けちゃうよね~(←エロガッパ一人発見(苦笑))

神社のお堂の中、仁王像の逞しい肉体を見てウットリとするみれい・・・。ただの筋肉フェチか?(苦笑)そこへ、要とあむろが入ってきた。慌てて隠れるみれい・・・すると二人はこの神聖なるこの場所でエロエロな事を・・・。

触るな、食べ物ではなくてやわらかいもの」、「触るとちょっと固いもの」・・・これな~んだ?(笑)みれいはどうやら、大きな誤解をしたようです。本当にこんなエロエロ妄想するなんて、四六時中エロで頭が一杯なんですね(笑)。

相手に自分のペースを崩されまくるというのは、かなりのストレスとなるのでしょう。考えれば、あむろがやってきてからと言うもの、要は彼女に振り回されっぱなしであります。そんな彼の鬱憤が、極限に達したところで、思わず言ってしまった不用意な一言。もちろん、彼女を傷つけようなど言う意図があったはずもなく・・・。

彼女の事情・・・それを知った時に生まれた、相手を思いやる心。それは、一つの恋の始まりなのか・・・。

それにしても、あむろが海へと抱く愛慕の思いに、祖母の死が深く関わっていたとは・・・。きっと、彼女はこれからも海を愛しつづけるのでしょうね。そして、そんな海を要にも好きになってもらいたいと感じているに違いありません。

彼女と関わっていく中で、要も海を愛せるようになるのか・・・が、その前にまずは水恐怖症を克服しないとね! そして、その笑顔に僕は惹かれた・・・次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ケンコー全裸系水泳部ウミショー 5 (5) (少年マガジンコミックス)


ケンコー全裸系水泳部ウミショー - livedoor Blog 共通テーマ

http://sonjo.blog80.fc2.com/tb.php/319-4421c164
http://mikage17.blog15.fc2.com/tb.php/2254-dac2fd2c

0 Comments

Post a comment