(アニメ感想) ムシウタ 第7話 「夢ノ迷路」

ムシウタ03 夢はばたく翼 (スニーカー文庫)




土師のもとへ、特環中央本部所属の“霞王”が現れた。彼女は“かっこう”へのライバル意識から、“ふゆほたる”捕獲に意欲をみせる。また、あさみは自身に宿る不思議な力が虫憑きの能力とは知らぬまま、その能力で詩歌の秘密に気付いてしまい…!?特環中央本部より派遣された霞王・・・属性はツンデレと(苦笑)。圭吾の車の屋根を破壊しオープンカー仕様にしてくれたとても親切なお方です。「それにしても土師先輩。中央でも人望ないですね」・・・丸柊子、天然に見えて・・・お前の心の中は悪意の塊だろ?(苦笑)

霞王って女やったんか~い!かっこうとは、過去の因縁が色々とあるようですが、これが女性となると話しはややこしい。愛が憎悪に変わることがあるとすれば、その逆もまた然り。ややこしい、四角関係にならなければいいなあ・・・と言うのは考えすぎですかね。

で、利奈の方は、何だかんだと口実を作っては、大助に近づいているようです。彼を好きだと意識し始めてからと言うもの、随分と積極的になりましたね。しかも、大助からお姉ちゃんに似ていると言われたものですから、浮かれてしまうのも無理はありますまい。本当に大助が好きなんだね・・・。

あさみと詩歌の接触。あさみは、詩歌を虫憑きであると疑っていたわけですが、これに詩歌は、あっさりカミングアウト。まあ、あさみ自身も虫憑きであり、その自覚がありますから、誰かにこの秘密を明かすことはないでしょう。むしろ、自分が虫憑きであることは黙っていてくれと、詩歌にお願いするぐらいです。あさみも、突如自身の身に起こった変化に、戸惑っているのでしょうね。

土師ですが、彼にも虫憑きの妹がいるようです。奇妙なのは、本来虫は宿主の夢を食っているはずなのに、どうやら彼女の虫は土師の夢を食って生きているようです。虫憑きにも例外はあるのか、それとも土師が何かを操作することによってそうさせたのか・・・。

何れにせよ、自分の夢によって妹が生かされていることに、土師は「これ以上の結びつきはない」と至上の喜びを感じているようだ。なんともいびつな・・・この男も程よく壊れている。いや、虫憑きは皆そうなのかもしれない・・・それはかっこう自身も例外ではなく・・・。

さて、あさみに大きな危機が訪れようとしています。ふゆほたるの情報を渡す条件として、土師が霞王にあさみの捕獲を指示したのです。みんみんから、もたらされた情報によって利奈もあさみの危機を知りますが、果たして間に合うのか・・・。

それにしても、みんみんは一体どちら側についているのか?今は、むしばねに寝返ったと見せかけ、特環に情報を流しているようですが、みんみん自身が何を考えているか分からないため、油断できませんね。まあ、本人はこの状況を楽しんでいるだけなのかもしれませんけどね・・・。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ムシウタbug 5th. (5) (角川スニーカー文庫 163-55)


ムシウタ - livedoor Blog 共通テーマ

http://blgames.blog70.fc2.com/tb.php/231-3361a889
http://app.blog.livedoor.jp/kurakagegyiyg0739gzx/tb.cgi/51181288

0 Comments

Post a comment