(アニメ感想) School Days 第7話 「前夜祭」

School Days 世界編 (ハーヴェストノヴェルズ)




世界との関係に溺れ、言葉と会う事も少なくなった誠。だが刹那は、言葉への未練を残す誠に、けじめをつけさせようとする。だが・・・。膝枕ですっかり恋人気分~ってか?どうやら、誠の中では言葉に対する罪悪感と言うものは皆無のようです。世の中にはこんな人間もいるものなのですね、全くもって驚きですよ~

さて、季節は学園祭。しかし、実行委員である言葉への風当たりは相変わらずキツい。もう、軽いイジメが始まっているようです。そんな中、誠も実行委員となり、刹那と共に行動する事が多くなります。

で、この刹那ですが、誠が言葉と別れ世界と付き合ってると、思い込んでいるものだから、話しがややこしい・・・。刹那の親友を大切に思う、その気持ちは大したものですが、この結びつきの強さは一体どこからきているのでしょうね?

さて、どうやら、この物語は言葉をトコトンまで追い込むようです。刹那は、誠と世界のためと、言葉との接触を一切禁じます

友達と恋人を奪われ、さらに他の生徒達からも多くの誤解を受け・・・結局そのすべてが、誠と世界のだらしない関係に原因があるというのだから、救いようがありません。

まあ、好きでもない女の子と付き合うのは、その子にとっても失礼でありますから、別れるのは仕方がない。問題は、誠がちゃんとけじめをつけてないところにあるわけです。

ただ、彼女の場合誠と別れると、恋人も友達も失い、完全に孤立してしまう可能性があるから、視聴者としては、ついつい言葉に肩入れしてしまいたくなるのですよ。

それはともかく、乙女達がよからぬことを企んでいる様子なのが気になりますね。もし私の予想が正しければ、ここより真の鬱モードに突入です。そうならないことを祈っていますが、果たして・・・。


しかし、本当に言葉には味方がいないのでしょうか?あれだけのお金持ちだから、誠やイジメっ娘達を「東京湾に沈(ちん)」してくれるような、頼もしいターミネーターとか登場してくれないかな(苦笑)。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

School Days 言葉編 (ハーヴェストノヴェルズ)


School Days - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/6223098
http://blog.seesaa.jp/tb/52076645
http://neverknowsbest.blog104.fc2.com/tb.php/174-0d30d02a
http://app.blog.livedoor.jp/puzzlize/tb.cgi/51024173
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10044049489/5a058ebc

0 Comments

Post a comment