(アニメ感想) さよなら絶望先生 第7話 「ある朝、グレゴール・ザムザが目をさますと神輿を担いでいた」

さよなら絶望先生 特装版1




同人誌を描くことを趣味としている春美は今、即売会に向け同人誌づくりに勤しんでいる。望もかつては同人誌を書いていた。だが、彼の言う同人誌は・・・。アララギ派か?白樺派か?それが問題だ・・・

藤吉晴美は、同人誌を描く事を趣味としています。これまたタイムリーな話題ですな(苦笑)。その趣味が望にバレてしまい、すっかり取り乱す彼女ですが、望はいい趣味だと話します。そして彼女に「アララギ派か?白樺派か?」と訪ねました。激しい誤解(苦笑)・・・どうやら望は、文学の方の同人だと勘違いいたようですね。アララギは短歌、白樺は純文学。特に、純文学の方は、夏目漱石も芥川龍之介も同人活動を行っていました。望もまさか、晴美がやおい系同人を書いているなど思いもしますまい・・・と言うか、やおいが、何ぞやということも知らないでしょうね。


そこは一つの戦場であった・・・

ひょんな事から、晴美と一緒に同人の即売会に参加した望。コミケのあの人だかりを見て、彼は文学界が今これほどまでに、盛り上がっているのだと誤解します。しかし、会場では望が大人気だ。彼の服装をコスプレだと女性達が大喜び!一方のまといも、桜大戦の桜コスだともてはやされ、大人気に・・・いやあ~二人とも、普段は時代から取り残されたかのような服装をしていますが、コミケと言う特殊な空間の中ではもてはやされる・・・なんとも不思議な所です。


あなたは、やおいの語源を知っているか?

やおいは、「山なし(や)、オチなし(お)、意味なし(い)」が転じてそう呼ばれるようになったと言われています。ところが、なんでもきっちりしていらっしゃる千里は、それが許せないそうで、春美の同人誌を見て、起承転結がないと意見する。何も分かっていない・・・全くもって面倒くさい女だな、おい!だけど、男同士が裸で抱き合ったりする内容については、突っ込みはなしなんですね(苦笑)。


私を甲子園に連れてって

どうせ漫画を描くのならもう少しきちんとしたものを目指したら?千里から春美へのアドバイス。そこに、・・・いや可符香が登場する。「私を漫画甲子園に連れてって!!」この女も十分にややこしいタイプだ(苦笑)。だが、漫画甲子園を目指すという目標自体は素晴らしい。かくして、千里は漫画甲子園を目指してに特訓をすることになった・・・。


マ太郎の起承転結は鬼傷天血・・・

津山の30人殺しとはまた凄いとこ持ってきたな・・・。さて、四コマ漫画の極意を学ぼうとする春美に、望は四コマ漫画には禁断の五コマ目が存在すると持論を展開。まあ、確かに現実ではそんな事もあるでしょうが、なぜそこまでマイナス思考となるのか・・・。しかもBLった後の「」ってリアル過ぎるわ!(苦笑)まあ、真面目な話し、なぜ五コマ目がないかと言うとそれは知らなくていい事だからでしょうね。現実の後日談など、実につまらないものなのだ・・・。


まつりあげる者とまつりあげられるもの・・・だが、問題は大衆の欲求にこそある・・・

後半の祭りは、風刺が効いていて「さよなら絶望先生」の本領発揮と言うべき内容でしたね。大して美人でもないのに「美人」だともてはやされる人達。「美人女医」に「美人弁護士」、「美人スポーツ選手」など・・・まあ、確かに「どこがやねん!」と突っ込みたくなる人も多いですが、「美人」と言う言葉に、食いつく人々が多いだから、ある意味仕方がないか。ただ、「○○王子」だと言って若いスボーツ選手をもてはやすのは、あまり感心しない。それで潰れてしまう選手もいるし、あまりマスコミが騒ぐと練習にも集中できないでしょう。まあ、まつりあげられる者達はある意味不幸と言えますが、一番の問題はそれに踊らされてしまう気まぐれで無責任な大衆にあるでしょう。これは大きな絶望だ!!


しかし、後半はややくどかったかな。もしかして、もうネタ切れって事はありますまい?こうした風刺も、シニカルな笑いを織り交ぜながら展開していくとさらに、効果的であると思います。直接的過ぎるとどうも説教臭く感じてしまうので・・・そんなわけで次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

さよなら絶望先生 第6集 (6) (少年マガジンコミックス)


さよなら絶望先生 - livedoor Blog 共通テーマ

http://arekao.jp/kumix/tbinterface.php/0d7a5d724c2ea6fc12f6f3d4dfaf4899
http://gundamnox.blog117.fc2.com/tb.php/6-db388b2c
http://app.blog.livedoor.jp/kuma_road51/tb.cgi/51239752
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10043888346/c8c4f9bc
http://app.blog.livedoor.jp/nabe648/tb.cgi/51038489

0 Comments

Post a comment