(アニメ感想) ぼくらの 第19話 「母」

テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.2




あまりに唐突過ぎた田中の死に、ウシロはそれを受け止められないまままでいた。そんな彼に、保はある男の過去を聞かせる。それは・・・。前回、あまりにもあっけなく死んでしまった田中さん。ウシロが、その死に何を感じ、どう受け止めるかが今回のポイントとなるか・・・。

やはり、ウシロも田中の死には戸惑いを隠せないようだ。そこで、保の本領発揮と言ったところでしょう。田中とウシロの父の両方を見つめてきた彼だからこそ言えることがあるのです。

語られたウシロの父・一郎と田中の過去・・・。つまりは、若い極道がその勇気と行動力によって、上へとのし上がり、年端もいかぬ若い女子高生をたぶらかすと、子供をもうけ、最後は無謀な突貫をして死んでしまうと言うお話し(苦笑)。

まあしかし、ウシロが望まれて生まれてきたこと、そして両親にとても愛されていたということが分かっただけでも、ウシロ本人にとっては意味のある話しだったに違いない。

そして、もう一つこの話しには重要なメッセージが含まれていました。それはウシロの父である一郎が、最後は自身を犠牲にしてまでも、組員の未来を守ったという事。つまり、保はウシロに「皆の未来を守るため、ジアースに乗って戦い死ね」と言うメッセージを伝えたいがために、この話しを聞かせたのです(苦笑)。

しかも、最後はご丁寧にチャカまで渡しやがった。あの・・・ウシロは中学生なのですけど?(苦笑)ああ、なるほど保はウシロを極道にしたいのね。「おふくろさんがあっためてくれとるぞ」ウシロへとかける、保のそんな思いやりの言葉も、もはやギャグにしか聞こえません

いやしかし、参りました・・・。こんな任侠ドラマを一話まるこど使って描くよりも、他に描くべきお話しは幾らでもあったでしょうに・・・。監督の意図がまったくもって掴めないことに、もはや恐怖すら感じてしまいます。今後は、ストーリーが破綻しないことを祈って、ただ見守るだけです、はい・・・。


あんなおっさんやくざに、ほいほいとついてて行った田中さんに絶望した!!・・・もうこれ以上はかんべんしてください。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1


ぼくらの - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.blog.livedoor.jp/natsu_ki00/tb.cgi/50650792
http://yaplog.jp/dhtpm437/tb_ping/15
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/5f9187da44ddfc848d538dd90daff5a2/71
http://blogs.yahoo.co.jp/yfddc956/trackback/1246263/18345265

0 Comments

Post a comment