(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

天元突破グレンラガン 3




その時、グレンラガンが現れた!!暗黒の宇宙に現れた救いの光・・・そして人々は希望を取り戻した・・・。絶望のすぐ側に、希望が降り立った!!シモンとヴィラルが操縦するグレンラガンの登場は、味方の士気を大いに高めている。過去の英雄に再び、活躍の場が与えられたのだ。絶望の中にあった人々には希望が戻り、そしてらせんの力も蘇る。

凄いパワーだ!グレンラガンの強さ、そしてそれに呼応して戦う仲間達、その熱さがビンビン伝わってくる。さらに、ピンチ状態からのグレンラガンとアークグレンの合体!!これは、まさにシモンの勇気と人々の希望が一体となる瞬間だった。

そして、人々の希望を乗せ、グレンラガンは最大限の力を発揮!ついに、巨大ムガンを打ち破った。時空間へ吹き飛ばすその強大な力・・・ついに覚醒したか・・・。

アークグレンラガンの勢いは止まらない。彼らが目指したのは月・・・ところが、ここで衝撃の事実が判明する。なんと!月は巨大な機械だったのだ!!意識を取り戻したロージェノムは言う、「月こそ我が帰還・・・カテドラルテラ」と。月もまた、ガンメンであった・・・。

月の落下は止められない。シモンとヴィラルは、月を制御するためコアへと向かう。だが、そこに立ちはだかったのがニアだった。彼女を貫けば、大きな爆発を招く・・・まさに絶対的な絶望だ。

しかし、シモンは言う。絶望と希望・・・その繰り返し。だが、その度に人々は強くなり、そして今俺はここにいる・・・と。

シモンにとってニアは希望を取り戻させてくれた存在だった。だが、あの時のニアはシモンに救いを求めていたのだと言う。だがらこそ、互いを必要とし、共に明日へと向かえたのかもしれない・・・。

そして月の制御に成功した・・・。やってくれたなシモン。だが、戦いはまだ終わらない。次は、アンチスパイラルとの最終決戦だ!!消え去る前、ニアに戻った人間らしい表情・・・それは一つの希望に思えた。シモンならば、グレンラガンならぱ・・・我々はついつい期待してしまう。一体、どんなこの先にどんな戦いが待っているのか・・・次回も注目だ!!


「敵わないな・・・いつもあの人が土壇場でひっくり返す」ロシウの表情は複雑だ。確かに、彼はこれまで人々を救うために、一人多くを背負い頑張ってきた・・・。ところが、一人の英雄が、最後に全てをかっさらっていってしまったのだ。誰からも理解されないむなさしさ・・・誰がロシウを救ってくれるのだろうか・・・。
天元突破グレンラガン2


天元突破グレンラガン - livedoor Blog 共通テーマ

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/596-6c86dad4
http://mikage17.blog15.fc2.com/tb.php/2345-cc30e151
http://roukirider.blog91.fc2.com/tb.php/148-dbb5c35f
http://snowfake.blog73.fc2.com/tb.php/220-06b7392e
http://app.blog.livedoor.jp/sebasu096/tb.cgi/51204079

0 Comments

Post a comment