(アニメ感想) ローゼンメイデン トロイメント 第4話 「契約」

前回、いよいよ最後のドールで金糸雀の登場でいよいよアリスゲームも本格化しそうな雰囲気ですね。そういえば、このアニメにもツンデレがいましたね。そう、翠星石です。彼女をホントの意味で攻略することがジュンの成長に繋がったりなんかして・・・。アレ?真紅はツンデレ?



ROSE051125003ROSE051125007ROSE051125008ROSE051125009

いつもの平穏な一日を過ごす、ジュン、そしてドール達。しかし、平静を装ってはいてもいつもとどこが違う真紅の様子を蒼星石は見抜いていました。「強敵になるかも」真紅を指してそう話す蒼星石。ドールが揃ったということはアリスゲームの始まりを意味しているいつかは戦わなくてはいけないのかもしれない・・・。彼女はそう考えているのでした・・・。

なんか、ちょっと重い雰囲気になってきましたが翠星石は相変わらずですね。この子は雛苺をイジメることしか興味がないのでしょうか?でも、アリスゲームになったらお互いに殺しあうのでしょうか?それは絶対にイヤだな。雛苺と翠星石の殺し合いなんて激しく鬱ですよ・・・。

ROSE051125001ROSE051125002
相変わらず底意地の悪いこですぅ~

マスターを見つけるために住み慣れた家を出ることになった翠星石。ジュンの所に行くのかと思いきや、意地を張って行こうとしません。優しく諭す蒼星石に渋々(内心では行きたいのですけどね)従いジュンの元へ・・・。しかし、ジュンを前にするとなかなか素直になれない翠星石。結局、またジュンの家を飛び出してしまうのでした・・・。

な~んか、ホントにツンデレ攻略になってきましたね。でも、前作では翠星石はそんなにジュンのことが好きだったかな?全然興味がないって感じでしたけどね。まあ、翠星石にはジュンの近くにいて雛苺をおちょくって欲しいと思っていたので別にいいですかね。しかし、「ヘッポコ、ボコの助~!!」には笑ったw。こういうの最高!!

ROSE051125005ROSE051125006
なんか、凄いプレイを思いつきさなったのですね~w

「翠星石は家ではお婆さんのお手伝いを一杯やってくれんだ」とか「翠星石は宝治茶を入れるのが上手なんだ」とか言って翠星石を売り込む蒼星石。う~ん、蒼星石やっぱいいわぁ~、今作では彼女の魅力が爆発ですね。一人称がボクなのがまた最高っす!なんで彼女がジュンのマスターになってくれなかったのでしょうねえ~、残念。

翠星石の知らせを聞いて家に慌てて帰るジュン。しかし、家のリビングのマドガラスが割れた真紅と雛苺の姿が見当たりません。金糸雀によると「みずたまり」が怪しいらしいと・・・そこに足を踏み入れるジュンと翠星石達。しかし、その先に待っていたのは・・・。

薔薇水晶が「ゾワ~」と近づいてきた時はマジビビりました。そういえばこのアニメはこういう雰囲気だったですね。ギャクが多かったから忘れてましたw。薔薇水晶にしたらなんとしてでもアリスゲームに持ち込みたいのでしょうか?なんか、あまりアリスゲームを行う必然性が感じられないのがこのアニメの欠点ですね。ジュンや真紅達に危機感を持たせるために無理やり盛り上げていると言う感は否めないです。

ROSE051125010ROSE051125011
薔薇水晶なんか怖いっす・・・デコもある意味怖いです・・・

真紅達に襲い掛かる、薔薇水晶。真紅、翠星石、蒼星石、金糸雀もそれに応戦します。しかし、戦いに躊躇する真紅、マスターのいない翠星石は苦戦。見かねたジュンはついに翠星石と契約することを決意するのでした・・・。

イタズラ兎の人形劇はかなりエグかったですね。確かにそうですアリスゲームになればこうなるのでしょう。しかし、それ以上にマスター契約して力を得た翠星石の切れ具合がヤバかった・・・。鬱展開へのきっかけを作ってしまうのは、案外翠星石なのかもしれませんね・・・。色んな意味で物語が大きく動き始めたこの回でしたけど取り敢えず、ジュン君ツンデレ攻略おめでとう!良かったね~。来週も楽しませてくださいね!

ROSE051125004

ローゼンメイデン・トロイメント 第1巻 (初回限定版)

0 Comments

Post a comment