(アニメ感想) ドージンワーク 第9話 「ポロリもあるよ!同人大会」

ドージンワーク 第1巻【初回限定版】




ジャスティスの提案によって、海での合宿を行うことになった一同。遊べると思っていたなじみだが「海の家で同人誌を販売する」というチラシを星が既に配っていたこと、その日時が目の前に迫っていることを知り、愕然とする。なんとか間に合わせなくては、と必死になるなじみは、かねる、露理、ソーラと食事の買い出しに行くことに・・・。夏です!海です!同人で~す!!あ、あれ?海で同人ですか?なんじゃ、そりゃあ!!(汗)せっかくの水着回と期待されていた、皆様まことに残念であります・・・あっ、なじみが逃げやがった!(苦笑)

いや、一応は水着はありましたね(苦笑)。水着を着て同人誌を描く・・・なんともシュールです。で、何で同人誌を描かねばならないかと言うと、ジャスティスが海の家で、勝手に同人誌の即売会を企画したからなのだ~!!何勝手なことしてんだよ~(苦笑)。しかし、チラシの二人の絵があまりにもショボ過ぎるのが泣かせてくれます(汗)。

タイトルに偽りあり!!あのぉ~ポロリはなかったのですけど・・・。まあ、今回はなじみと付き合いを認めてもらいたい星が、ジャスティスのご機嫌を必死にとる話しだったと言うことでよろしいですか?で、そんな二人を見て相変わらずBL妄想のかねる・・・なんですかこれは?(汗)

と言うか、ジャスティスは本当に、なじみの父親的心境にあるのですね。この男を乗り越えなくてならないと言うのは、なかなかに厄介ですわ。頑張ってください星君・・・。

と言うわけで、後半の実写パート。今回は、お二人が「ドージンワーク」の作者であります、ヒロユキさんのスタジオを見学させてもらいま~す。

さて、ヒロユキさんが出てこられましたよ。まあ、普通のどこにでもいるあんちゃんと言う感じの人。で、肝心のスタジオですが、これも普通のマンションを借りてそこを仕事場にしているといった感じですね。

アシスタントの方が二名ほどおられます、ほほう。で、古山さんと斉藤さんは、ドージンワークタオルに興味を持ったようです。何でも使いこまれているとか(苦笑)。・・・しかし、んなこたあ~、どうでもいいのです!!

ちゃんと二人の描いたネームをヒロユキさんに見てもらいましょう。ところが、ヒロユキさんにネームを見てもらっている間も、斉藤さんはがさ入れに夢中。通販のレシートが一杯見つかったと喜んでいるのですから、困ったものですね(汗)。ちなみに、アマゾンだそうですよ(爆)。

で、古山さんのネームを見てヒロユキさんは「可愛い」、「初めてなのにちゃんと読める」と褒めてらっしゃいました。斉藤さんのネームも「達者ですね~」とやはり絵のレベルの高さに感心しておられましたね。

最後に、キャラクターの描きかたを教えて欲しいと言う二人に、ヒロユキさんが、ジャスティスの絵を描いてくれました。斉藤さんの「ブルマ君を履いたジャスティス」と言う注文どおりにね(苦笑)。

しかし、さすがプロ!!うまく仕上げてくれました。いやあ~、製作工程のほんの一部でしょうが、漫画家さんの現場を覗くことが出来て大変勉強になりました。

でも、斉藤さん、日記探したりとか、人の家のドアノブ壊したりしない!(苦笑)人の仕事場でなんばしよっとかね!と言うわけで、早く同人誌を完成させてくださいね、お二人さん。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ドージンワーク 第2巻


ドージンワーク - livedoor Blog 共通テーマ

http://mikage17.blog15.fc2.com/tb.php/2359-e8a6ccfa
http://app.blog.livedoor.jp/paprika200502/tb.cgi/51188548
http://fumi774.blog86.fc2.com/tb.php/458-01700c27
http://app.blog.livedoor.jp/maikyodai/tb.cgi/50947497

0 Comments

Post a comment