(アニメ感想) ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序を見て

コンティニューvol.35




あのエヴァンゲリオンが12年ぶりに復活!!今回は、旧作のフィルム映像は使用しないで、現存する原画から新たに撮り直し、新作カットを大幅に付け加えたと言われています。さて、現代に蘇ったエヴァがどのようにリメイクされたのでしょうか。*なお、この先には多くのネタバレが含まれていると思われますので、劇場版を見られていない方はお気をつけ下さいませ・・・。というわけで、公開初日に見てまいりました。知り合いに、今回は前売り券が即効で完売したと言われていたので、心配でしたが意外に空いていたのには驚きました。客層的には、20代の若者中心、私が見に行った劇場では結構カップルも多かったですね。

早速感想ですが、まずどれが新作カットなのか正直私には、あまり判別できませんでした。まあ、10年前に見たの作品ですから、忘れているというのもありますが、やはり今見ても全く色あせることのない、クォリティの高さが当時にあったということでしょう。改めて、エヴァの凄さを再確認いたしました。

序盤は、やや会話のテンポが早いかな?と言う印象を受けました。これでは、情緒も何もあったものではない・・・と不安になったりですが、中盤以降は本来のテンポに戻っていたと思います。まあ、この辺りは、時間の制約もありますから仕方のない部分もあるのでしょう。

アニメ版や漫画と比べ、シンジが少し強く描かれていると言う印象を受けました。確かにウジウジと悩む場面はあるのですが、ひとしきり悩んだ後は力強く決断し、そして行動しており、その部分は、はっきりと見せていたと思います。

また、クラスメイトのトウジがシンジに自分を殴れと言うシーンがあるのですが、これはアニメ版でも原作でもシンジは殴らなかったはず。ところが今回、思いっきり殴っていたのには、やはりシンジの描かれ方の、若干の変化を感じましたね。

さて、肝心の戦闘シーンですが、エヴァの動きがアニメ版よりも、さらに人間らしく、よく動いていたと思います。まるで、息遣いまでも感じさせるような、あくまでもロボットではなく、人造人間なのだと、強く意識させられましたね。

そして、CGもアニメ絵に非常にマッチに効果的に使われていました。エヴァ発進や新東京都市出現など、CGを多用することによって、空間の奥行きと壮大さを演出することに成功していたのには感心させられましたね。

さらに、圧巻だったのは、第6使徒の奇抜な動き。我々の想像を超えるような、ユニークな動きによって見るものをひきつけます。これは、現在のCG技術だからなしえる描写なのでしょうね。それと、作り手のセンスも感じましたね。

で、つまるところ、この作品はシンジの父親殺し(父親を乗り越えるという意味で)の物語なのだと、私は解釈しております。今回もシンジは常に父親の目線と言うものを意識していました。そうした乗り越えるべき大きな壁が存在し、そしてそこでは、ミサトと言うキャラクターの重要性と言うものを強く感じたのです。

今回は、シンジとミサトの関係に特に力を入れて描かれていたと思います。彼女は、最初から最後まで、シンジにとって重要な存在として、あり続けていました。ミサトはシンジにとって母親的役回りも演じますが、父親的でもあります。

なぜなら、彼女はシンジにとって、家族と社会の間に介在する存在であるからです。父親は、時として子供目に社会というものをを強く意識させる人間として、映ることがあります。シンジにとってのミサトはまさにそれであり、実際ネルフでは彼女は上司ですからね。その意味でも、この二人の関係と言うのは興味深い。

また今回、エヴァに乗ることを拒否したシンジに、自身とネルフ全員の覚悟を話して聞かせるミサトのシーン。

そこで、シンジの手を強く握るのですが、ここは劇場版オリジナルの描写で、私が最も好きな場面です。それは、彼女にしか出来ないことであり、またミサトの人間性と言うものが強く伝わってきましたね。

さて、すっかり長い感想となってしまいましたが、あらゆるシーンがとても繊細にそしてドラマチックに描かれており、初めてエヴァに触れられる方、そしてもちろん原作を知ってらっしゃる方にも十分楽しめる内容だったと思います。

この作品はどうしても、複雑なシナリオ部分の考察等が注目されがちですが、実は魅力的なキャラクターや迫力ある戦闘シーンなど、エンターテイメント作品としても極上なのであります。今回、改めてそのことを確認いたしました。

私として、大満足の新劇場版エヴァでした。まだ、見られていない方には是非お勧めしたい思いますね。次回作にも期待!!


*今回の劇場版のエヴァについては、ネットラジオの方でも改めて話す予定でございます。興味のある方は次回の「ピッコロのらじお♪」の更新を聞いてくださいませ。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

インパクト

新世紀エヴァンゲリオン - livedoor Blog 共通テーマ

http://blog.seesaa.jp/tb/55234404
http://finx.blog2.fc2.com/tb.php/304-29580a09
http://hare.exblog.jp/tb/7439764
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/16439245
http://sonicer.blog109.fc2.com/tb.php/9-ada86b52

0 Comments

Post a comment