(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第23話 「Stars Strike」

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.3




ついに玉座の間へとたどりついたなのは。そこには、苦痛に泣き叫ぶヴィヴィオの姿があった。なのはの行く手を阻むクアットロ・・・彼女はある衝撃の事実を告げるのだった・・・。今回はなのはのターン!?いきなりなのはが、飛ばしています。ディエチの砲撃型攻撃に、エクセリオンバスターで反撃。ディエチなどもはや雑魚と言わんばかりのその強さは、反則的でありましたね。「コイツ・・・本当に人間か?」否!!魔王でございます(笑)。

それにしても、随分あっさりと玉座の間にたどり着いたものです。そこにいたのは、クアットロとヴィヴィオ。いや、クアットロの方はホログラムでしたか。彼女達の目的は、ヴィヴィオを究極の戦士として完成させること。そして、それは目覚めた・・・。

生まれたての最強をたぶらかして、かつての仲間と戦わせる・・・セーラームーン以降ではよく見かける展開でございます。つまりヴィヴィオは、土萌蛍であると・・・まさにこれぞ萌えの原点回帰!!・・・などと言う冗談はおいといて、すっかり大きくなってしまったヴィヴィオとなのはとの戦いは、決して避けることの出来ない宿命であるのでしょう。

一方、三人の戦闘機人を相手に、孤独な戦いを続けているティアナ。もはや、敵を倒すことでしかこの場を切り抜けられないと悟った彼女はついに、最後の賭けへと出ます・・・。

さて、ここでナカジマ家の過去の回想・・・母親と幸せに暮らすスバルとギンガの姿。ところで、この二人の子供と母親は、遺伝子形質が全く同じであったことが判明します。これは、親子とだったというよりもクローンという事でしょうか?何れにせよ、血の繋がった家族であったことは確かなようですね。そして、何者かが、スバルの母の遺伝子情報盗み出したとか・・・それがなぜ彼女のものであったか?それは、不明ですが・・・。

ところで、当時のスバルはギンガと違い、戦う事には消極的だったようです。しかし、いつかしか誰かを守れるよう強くなりたいと考えるようになった。それは、恐らく母や姉の影響もあったのでしょうが、やはり例の事件でのなのはとの出会いが、スバルを大きく変えたのでしょうね・・・。

自身の弱さに気づき、受け入れると言う作業、しかし・・・。私は格闘技が大好きで良く色んな選手の試合を見るのですが、負けた選手がインタビューで何を話すかには、注目しております。素直に負けを認めない選手に、格闘技ファンの風当たりは強いのです・・・しかし、私はそれは、ちょっと違うのではないか?と、最近感じております(ただし戦った相手へ一定の敬意を示すことは重要)。

つまり、格闘家は負けを認めた時点で、向上心や闘争本能が失われてしまうのではないか?という事。厳しい練習、そして極限の緊張感の中での戦いをこなす彼にとってそれは、ぎりぎり彼ら精神を支えているものに違いないのです。

負けを認めた時点で負け・・・それは、現在のスバルにも言えることではないでしょうか?しかし、まだあきらめるべき時ではない事を、マッハキャリバーが教えてくれた・・・。彼女の憧れ、彼女の夢、そして救うべき魂・・・その拳は誰のためのもの?それが、誰かを守るために振るうべき拳なら、もう迷う必要はない。スバルは強くその拳を握り締めた・・・。

これまた、吹っ切れたスバルの攻撃は容赦ないですな(苦笑)。本当に、ギンガが死んでしまったのではないか?と心配ですが、まあきっと大丈夫でしょう。

そして、ティアナも反撃開始!敵の連携の隙を突いた見事な射撃は、さすがと言えるものでした。あの冷静な分析は、やはりティアナにしか出来ないことです。

さて、なのはとヴィヴィオの壮大な親子ゲンカは、最後の見せ場となりそうですね。しかし、今はそれよりも、ゼストの動向の方が気になります。ケイズとゼスト、この二人の過去に何があったのか?これに関しては、恐らく次回明かされるのでしょう。ただ、この調子だと、残念ながらシグナムとゼストとの決着は見られそうもありませんね。ゼストも満身創痍ですし・・・。

一方、ヴィータとフェイトの出番はなし。死亡フラグが立ちまくっていると噂のヴィータが、次回予告にも登場しなかったのは気になるところです。まあ、次回はフェイト中心の話が展開される事でしょう。彼女は、自身の決着をどのような形でつけるのか・・・その部分には期待ですね。



ザフィーラもちゃっかり復活ですか。という事は、やはりあの人も登場してくれるのでしょうね。彼にはティアナのピンチにこそ駆けつけて欲しい!楽しみだ・・・。
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2


魔法少女リリカルなのはStrikerS - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.blog.livedoor.jp/surari/tb.cgi/210956
http://app.blog.livedoor.jp/yuji_akibakei/tb.cgi/50988368
http://d.hatena.ne.jp/deruriasu/20070908/1189250303
http://aniblo418.blog115.fc2.com/tb.php/66-fc5359af
http://blogs.yahoo.co.jp/gonta918komu/trackback/1214785/50809157

0 Comments

Post a comment