(アニメ感想) ドージンワーク 第10話 「こんなになっちゃった」

ドージンワーク 第1巻【通常版】




合宿中、執筆が思うように進まずに焦るなじみと、緊張感がまるで見られない、すっかり遊び気分のかねる。その一方で星は、自分が気に入っているなじみの本の素晴らしさを兄・龍一郎に語るが、なかなか分かってもらえない。海の家での即売会日時が刻一刻と迫る中、なじみとかねるは、夢中で執筆に没頭するようになっていく…。いやあ~、本当にこの二人は兄弟なのですかね?(苦笑)星の兄貴がヒドいBLです。しかも、星は彼が漫画雑誌の編集者をやっていたとは知らなかったとか・・・そんなバカな~

さて、買出しに出かけたなじみとかねるですが、途中ナンパ男達と合流。知らない男に、こんなにも簡単にほいほいとついて行くとは・・・尻軽女だと思われても仕方ないですね(汗)。

そして、ナンパ男達を裸にひん剥いて、絵を描き始めるなじみとかねる・・・これには、ナンパ男達もキレてしまった!おいおい、やられちゃうよ~!・・・しか~し!!我々には心強い味方がいるのだ!!!そう、ジャスティスがいる限り、なじみには指一本だって触れさせない・・・でも、二人が逃げていったのってジャスティスをお化けだと勘違いしたからじゃないですかね?・・・(汗)。

まあ、そんなこんなで、なじみとかねるの同人誌が完成!いやあ~、色々と大変でしたね(どの辺がと言う突っ込みは受け付けません)。星の兄貴も彼女達の事は少し見直したようだし・・・ひとまず安心と言ったところか・・・。

おいおい、星兄弟を見て、そこ!BL妄想しな~い!!(汗)しかも、かねるはなじみに「鼻血が出ている」と指摘されなんて答えたと思います?「心の汗だもん」ですってよ。不覚にも笑ってしまったではないか!(汗)変なタイミングで面白いこと言うな~!!

で、肝心の同人即売会では、雨が降ってきましたが、それなりに売れたようですよ。思いは通じるもの・・・二人の努力も少しは報われたかもししれません。ただ、画力の方は相変わらずのようですが・・・ま、まあ、これからも頑張って下さいな。

さて、後半の実写パート。前回、ヒロユキさんのスタジオにお邪魔し、絵について学んできた二人。ところで、ここでいきなり斉藤さんからの告白です。なんと、古山さんに内緒でトレースを買おうとしていたのですよ!しかも、ブルマ君のお金を使って・・・ただし領収書は落ちなかったようですけどね(苦笑)。

まあ、自腹を切って買ったということでめでたしめでたし(そうなのか?)。ああ、ちなみに古山さんもヒロユキさんから借りたトレースはうまく使えなかったようですよ、これまためでたしめでたし(苦笑)。

今回の指令は、印刷所に行って色々と打ち合わせをしよう!というもの。そんなわけで、二人は印刷所へとやってきました。果たして二万九千円の予算で、300部の同人誌は作れるのか?・・・む、無理です(苦笑)。51970円かかってしまいますよ~。

ちなみに100部でも37270円かかります・・・「おキレイですね~」「美人です」「かわいいです」ここで二人は、担当の方をおだてる作戦に・・・なんと稚拙な(汗)。

ブルえも~ん!!はい、困った時のブルマ君ですよ。ブルマ君は、二人が締め切り前に原稿を仕上げることが出来たら、特別ボーナスをあげるとのこと。本当に良かったですね。

という事で、実際に印刷が行われているその現場を見学する二人。斉藤さんの感想にもありましたが、拘りをもって手作業で行っている部分が多いのには感動いたしました。もっとオートメーション化されているものだと思っていたのですが・・・。

本当にお二人には、頑張って同人誌を完成させて欲しいですね。次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ドージンワーク 第1巻【初回限定版】


ドージンワーク - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.blog.livedoor.jp/ms_2001/tb.cgi/50320456
http://app.blog.livedoor.jp/onochi/tb.cgi/51044494
http://app.blog.livedoor.jp/puzzlize/tb.cgi/51038784
http://app.blog.livedoor.jp/moonkaiza/tb.cgi/50324147

0 Comments

Post a comment