(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第24話 「忘れるものか この一分一秒を」

天元突破グレンラガン 3




人類の未来と愛するニアを救うため、次元の狭間にあるというアンチスパイラルの母星を目指すシモンと大グレン団。その行く手を阻むようにあらわれるアンチスパイラルの艦隊。その数、無量大数!シモンの螺旋力に全てを託し、大グレン団が絶望的な戦場で命を賭ける!それはまさに、宇宙に咲く一輪の花であった・・・ついに、ニアに姿を見つけ出すことが出来た!!しかし、これはどういうことでしょうか?デッカイ裸のニア?・・・いや、どうやら、それはニアの立体映像のようです。彼女はどこか別の場所に敵によって囚われているです・・・。

そして、現われた巨大ガンメン・・・なんともセンスの悪いデザインです。だが、侮るなかれ!物凄い数のロボットが出てきやがった!その数・・・無量大数!?もちろん、大グレン団はこれを迎え撃ちます。

しかし、ザコ敵は歯ごたえのないものですが、敵の巨大ガンメンは、シモンのグレンラガンを持ってしても傷一つさえつけることが出来ない。もっと、巨大なドリルが必要だ、果たしてそんなものが存在するのか・・・いや、巨大ドリルはあった!!

それにしても、過去の様々なSFアニメのオマージュが見られましたね、。ヤマトガンダムに、そしてマクロスですか?なんと、超ギンガ大グレンを人型へと変形してしまうなんてのは、まさそれだ。コイツは、もう何でもアリだぜ!!

だが、これまで歯ごたえが全くなかった敵が、ここにきて急に変化を見せた。そう、キタンの言うように・・・敵が弱いのは俺達が強すぎるからだ!なんて事は決してなかった。

どうやら、ワナにはめるために敵はその力を封印していたようだ。そして、敵が発揮したその力により、次々と倒れていく仲間達・・・だが、今のシモンには何も出来ない・・・さらに、新たな危機が!!

なんて事だろうか・・・残された仲間達に、未来を託し多くの者が死んでいってしまった。人類の未来を勝ち取るための戦いは、これほどまでに重い使命なのか?そして、その全てを背負うべき男がいる。強く立ち上がれシモン・・・やはり君が最後の希望なのだ・・・。

まさに、そこは絶望の暗黒の海だった・・・。それにしても、ここまで一気に高まっていたテンションを、今度は絶望のどん底に突き落とすかのような展開。あまりにもアップダウンが激しく、そして衝撃的でした。

だが、仲間に未来を託し死んでいった彼らの死に際は、潔くそして凛々しかった
さて、もはやどうにもならないほどの絶望的状況ですが、ここよりの脱出には期待したいものですね。最終決戦を前に、盛り上がるべきところ・・・ここから再びトップギアまで加速したものです。

いやあ~、本当にアップダウンが激しい!まるでジェットコースターに乗っているかのようだ・・・次回にも期待!


揺れすぎです!ヨーコさん・・・そんなあなたは、百点満点!!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

天元突破グレンラガン2


天元突破グレンラガン - livedoor Blog 共通テーマ

http://11921837.blog118.fc2.com/tb.php/19-4ff5939a
http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/603-7cc77cdd

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 All Rights Reserved.