(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に解 第11話 「皆殺し編 其の六 強い意志」

ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉




圭一たち部活メンバー、さらに雛見沢住民全体の力によって、沙都子を巡る痛ましい運命は見事回避された。そして、訪れる綿流しの祭り。梨花はこの先に待ち受ける次なる惨劇を避けるため、富竹と鷹野に精一杯の警告を発する。一方、雛見沢を巻き込む陰謀がその裏で動き始めていた…。鉄平の奴、悟史の通帳の場所を吐かせるために、しこたま殴りやがったな・・・。沙都子のヒドい顔・・・この男は、また我々を怒らせたようだ。

そして、児童相談所から電話がかかってくる。いつも以上に強気な相手の反応に、さすがの鉄平も折れ、沙都子を電話に出した。もちろん、彼女に散々脅しをかけて・・・。

後ろには、悪魔の手・・・しかし、電話の向こうでは沙都子にっとっての救いが手を差し伸べている。そう、それはとても簡単な事・・・後は沙都子自身の問題だ。彼女が一言、「うん」と頷けば、救済はなされる。

それでも、沙都子は耐えることこそが、強さだと思い込んでいるようだ。だが・・・梨花は言う、「思い出しなさい、叔母からあなたをかばっていてくれた悟史の姿を・・・」と。

「もしあなたが悟史に対する罪を償おうとするなら、それは助けを求めないことじゃない。悟史の勇気を力強さを受け継ぐことなの
」・・・沙都子の心は揺れ動く。そして、ついに放たれた言葉・・・「助けて!!」。それは、彼女の心からの叫びだったに違いない・・・。

かくして、沙都子は救われ・・・そして我々も救われた。圭一達の努力が報われた瞬間だ。結束、戦い、そして勝利。圭一達が、勝ち得たものの意味は大きい。沙都子が救われたと同時に、この雛見沢全体を支配していた得体のしれないモノより村人達自身も、解放されたのだから・・・。

ところで、大石が沙都子の家の周辺に警察が張り込ませていたらしく、沙都子が助けを求めたと同時に、警察が彼女の家へと踏み込んで参りました。

元々リナ事件で、鉄平は警察ににらまれていたようですが、沙都子の虐待問題を利用するとは・・・でも、あれ?警察は民事不介入じゃなかったっけ?(汗)

さて、綿流ししの日・・・。ここからが、いよいよ本番。取りあえず、沙都子は救われました。そして、ここまでは、誰かが暴走するきっかけとなるような芽は、ことごとく摘まれているわけです。それでも、やはり何が起きるかは分からない・・・。

梨花は、富竹と鷹野に死ぬことを告げました。当然、この二人は聞き入れませんでしたが、今回の梨花はあきらめません。大石にもその事実を告げ、圭一達にもそれを明かしました。

ところが、これが意外なほど大石は聞き入れてくれたのです。ここまで何もかもうまく行くと、逆に不安ではありますね。そして・・・。

あまりに衝撃的であった、鷹野の裏切り。なるほどこんなにも近くに、梨花の運命を大きく左右する人物がいたのです。そりゃ、これまで梨花が抗ってもどうにもならなかったわけです。

しかも、、山狗が文字通り鷹野の犬であったという事実。以前から気になっていた、梨花は山狗によって守られていたはずなのに、なぜ肝心な時に彼らは現れず、梨花はいつも殺されてしまうのか?

その答えが、今解けました。。山狗は、梨花にとっての救いではなかったと言うことです。いや、むしろ彼女を抹殺しようとする存在となっていた・・・そういうことか・・・。

また、富竹が受けたという予防接種ですが、これもただの予防接種ではありませんでした。つまりは、鷹野の言う「爆弾」が投与されていたということです。ならば、彼の死もまた避けようのない運命であったと言えます。

そして、鷹野の計画が発動。彼女は、富竹を薬で眠らせると、山中へと彼を運び出しました・・・。

そういえば、一期で鷹野の車に乗せてもらった圭一が、後ろの席に置かれていた富竹の自転車を発見すると言うシーンがありましたね。

トランクにはもしかして富竹の死体が・・・なんて話しもありましたが、実際にそれは、ほぼ正解であったわけですね・・・。

さて、圭一達は惨劇へと向かうであろう、きっかけとなるその芽を摘むため、必死に戦い、そして今回勝利しました。

しかしそれはあくまでも、仲間内の解決であり、彼らが考えも及ばない範囲での事件は、確実に進行しているのです。

希望の後の絶望・・・また運命の袋小路に迷い込んだか?いや、しかしこれまでとは決定的に違うことがあります。それは、圭一達が強く結束しこれから起こるであろう災厄に向け、また戦えると言うこと。

今までは、それぞれが孤独の中で、運命に抗っていた。だが、今回は違います。仲間がいる、そして気づきがある・・・彼らはまだ変える事が出来るのだ、まさに決められた運命を・・・

さあ、物語にはまだ続きがある・・・見せて欲しい圭一達の戦いを、そして運命に抗える強さを!すでに我々は、一つの奇跡を間の当たりにしているのだから・・・。次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ひぐらしのなく頃に ファンディスク 雛見沢事件録 II -還-〈初回限定版〉


ひぐらしのなく頃に解 - livedoor Blog 共通テーマ

http://fukusuu.blog48.fc2.com/tb.php/360-790ac796
http://hi56.blog90.fc2.com/tb.php/199-47b7013c
http://kazamitori.blog79.fc2.com/tb.php/866-5c32a204
http://waitinginthesky.blog120.fc2.com/tb.php/5-16d77685
http://hsbs.blog82.fc2.com/tb.php/601-25528c66

0 Comments

Post a comment