(アニメ感想) 銀盤カレイドスコープ 第8話 「マスコミ戦争」

ツンデレのタズサちゃんですけど、シャナの悠二と同じく徐々にピートもタズサを攻略しつつあるようです。それにしても、最近はツンデレが目立ってますね~正統派美少女が少なくなってきたのは寂しいことですw。でも、タズサは可愛いからいいからいいかなあ~。



GINBAN051127001GINBAN051127002GINBAN051127003GINBAN051127004

タズサのオリンピック日本代表が決まりいつもに増してマスコミ取材が過熱します。至藤をさしおいてタズサが五輪代表に決まったことにマスコミはイヤミタラタラです。はあ~、ホントスポーツ選手の苦労がよく分かりますよね。そりゃ、これだけ毎日ごちゃごちゃ言われたら語気も荒くなりますよね。そこだけを見て「こいつ性格わるぅ~」なんて言ったら確かに可愛そうですわ。

さて、タズサの方ですがどうも彼女を陥れようと不穏な動きがあるようです。わざと挑発的にタズサに話しかける女性記者、怪しい雰囲気になってきましたね・・・。でも、タズサってやっぱり性格が悪いんじゃなくて自分の考えって言うのをしっかり持っててさらに大人とも対等に自分の言いたいことをはっきりと言える、しっかりした子なんですよね。16才でこれだけしっかりしてたら大したもの。関係ないけどボクシングの亀田を思い出しました。まあ、個人的にはあまり好きではないですが・・・。

GINBAN051127006

スケート協会に呼びされたタズサ。マスコミに対する言動がなってないと批判されますが、相変わらずさらりとかわすタズサ。協会の人はカンカンになってたけど、まあ確かに小娘にこれだけ淡々と言われればムカッともきますわな。タズサにも責任があるわけだし、反省の言葉ぐらいあっても良かったんじゃないかな~?そして、スケート協会の要請で開いた記者会見。執拗にマスコミのバッシングを受けるタズサちゃん。まあ、考えたら代表に選んだのは彼女ではないのだから選考に不満があるのならスケート協会に言えばいいのに・・・。リアルでも、マラソンの選考はいつも揉めて選ばれた選手がこんな風にバッシングを受けるということはありますけどね・・・。

タズサの両親って離婚したんですね。なるほど、それでコーチの家に・・・。しかし、両親のことを言われるとタズサは途端に大人しくなってしまいました。タズサちゃんカワイソス・・・。でも、ツンデレ好きにはこのしょんぼり顔がたまらんすw。タズサのこの性格、両親の事と何か関係があるようですね。これは後々細かいことが明らかになっていくと思います。

今回は、ほとんどギャグもなしフィギュアの試合もなしと終始マスコミの話しでした。結局、新田のおかげでマスコミ達の悪巧みも暴露されてしまったわけですがこれからオリンピックに向けてのお話しになってしまうのでしょうね。ただこのアニメ、1クールだとしたらこのペースでいくと中途半端で終わりそうですね。それこそ、TVアニメの「YAWARA」みたいに。出来れば2クールでじっくり見たかったのですが・・・。来週はいよいよ恋愛の話しですか?と言うかタズサって初恋したことあるのかな?まあ、この子の性格じゃ・・・。

GINBAN051127005

銀盤カレイドスコープ〈vol.1〉ショート・プログラム:Road to dream

0 Comments

Post a comment