(アニメ感想) 魔人探偵脳噛ネウロ 第2話 「集」

魔人探偵脳噛ネウロ 13 (13) (ジャンプコミックス)




弥子はクラスメートの叶絵から、奇妙な事件の調査を依頼された。賑やかな交差点で発生したにもかかわらず目撃者が一人もいない“ゼロ事件"と呼ばれる殺人事件で、最近、3件も連続して発生している。叶絵は、LINKSという携帯のコミュニティーサイトに登録しているのだが、サイト内で仲良くなった友達がその犠牲になった、というのだ・・・。街中で白昼堂々人が殺されたというのに、誰も目撃者がいないという殺人事件。この難事件を解決すると言うのが、今回弥子がこなすべき依頼です。

で、この事件に深く関わりがあるであろう、LINKSという携帯のコミュニティーサイト。そのサイト内のコミュニティーリーダーであるHIMEと呼ばれる人物がとても怪しいわけですね・・・。

謎に包まれた人物でありますが、イベントと称して、亡くなった女子高生の追悼に仲間を引き連れてやってくるなど、彼女は人格面に大きな問題がありそうですね。ますます、怪しいということです。

吾代のお手柄!!なんと!殺人発生当時の交差点の映像を吾代が手に入れたというのです。「裏社会には色んな奴があるのさ・・・」ほほう~、そんな奇特な方もいましたか(苦笑)。一体、何の得があるのでしょうね?

それはともかく、その映像には、怪しい集団と共にHIMEの姿が映っていました。少女が倒れる直前に、彼女が接触していることは確かなのですが、これだけではHIMEが殺したと言う証拠にはならない。そこで、ネウロは犯人を挑発する作戦を思いつきます。

名探偵弥子のコミニュティサイト!!いやあ~、トップ絵の弥子がアホの子にしか見えませんね。しかし、こんな安易な挑発に乗ってくるバカがいるのでしょうか?・・・いや、いた!!!(笑)そこは事件の起こった交差点・・・向かい側から日傘を手に、凄い形相で弥子に襲い掛かってくるHIMEの姿があった。

しかも、笠の先に仕込み武器!?なんと言う暗殺者!!ww この場面、危うく殺されそうになった弥子ですが、吾代が身代わりになってくれたため事なきをえます。ありがとう吾代、さようなら吾代・・・(苦笑)。いや、どうやら彼は頑丈な体の持ち主のようで、なんとか命は取り留めたようです。ただし、決定的な場面の盗撮は成功していなかったようですが・・・。

そこで、ネウロはHIMEを探偵事務所に呼び出し、直接対決を仕掛けました。そして、ネウロの目論見どおり見事、HIMEは墓穴を掘ってくれたというわけです。

打ち破れた人間の末路と言うものは悲惨そのものです。結局は、その繋がりも偽者であったことが露呈し、HIMEは本当の孤独となってしまったのですから・・・。

自身のにとっての居心地のいい空間を作るための道具に過ぎなかった、その場所。本当に人と繋がっていたいのであれば、他人に精神的拘束を強いることは、やめればよかったのに・・・結局は彼女も閉じられた世界の暴君に過ぎなかったのですね・・・。

さて、少しずつこの作品の魅力が分かってきたような気がします。笠の先に仕込み武器なんて、思いっきり吹いてしまいました。いまどき・・・これはないわ(苦笑)。いやあ~、次回が何気に楽しみであります。


ところで、ネウロに謎を喰われた人間はその後、どうなってしまうのでしょうかね?ある種の救いが待っているのだろうか・・・。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

魔人探偵脳噛ネウロ 12 (12) (ジャンプコミックス)


魔人探偵脳噛ネウロ - livedoor Blog 共通テーマ

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/3215687d1ffceab4ff77f9ed3b752f98/db
http://mizveiri.blog20.fc2.com/tb.php/2396-8e8d507a
http://yaplog.jp/dtb6/tb_ping/54
http://candyflavor.blog61.fc2.com/tb.php/62-c7d00d7f
http://d.hatena.ne.jp/notomoe/20071012/p2

0 Comments

Post a comment