(アニメ感想) 素敵探偵ラビリンス 第2話 「繭樹の決意」

素敵探偵ラビリンス 4 (4) (講談社コミックス)




警視庁捜査一課の戸丸、猪神、両刑事は愕然としていた。データベースをどんなに探しても「日向まゆき」に関するデータがないからだ。一方、まゆきは初めての学校登校で緊張していた。そんなとき、緑地公園、グリーンヒルズで爆破予告事件が起こる。次の爆破予告地点は、まゆきの通う聖州院学園から近いヤマフジパン工場。それを知ったマユキは、いてもたってもいられなくなり学校を抜け出し事件現場へと向かってしまう・・・。ショタがうちのクラスにやってきましたよ~。もう、クラスの大人気ですよ(笑)。そんなわけで、登校初日から女の子に大人気のマユキ君ですが、彼はなんとこの後、早退と言う不良行為をやらかしてくれたのです(苦笑)。

街で起こる連続爆破事件!!だけど、天才探偵マユキにかかれば、どんな事件も解決さ!!!・・・マユキは少し特殊な能力を持っているようですが、今回の事件の解決を見る限り、ただ勘のいい天才としか見えなかった・・・。

犯人にしても、結局は謎の女に操られていたというだけで、この辺りのドラマも薄くなっています。最終的な後始末は、信濃がしてますし、バトルものにするのか探偵ものにするのか・・・どちらかに絞ったほうが良かった気がします。

父親を亡くし、唯一の肉親である母親とも今は離れ離れの暮らし・・・。これまではそんな孤独な環境にいたマユキですが、学校に通い始めたことがきっかけで大切な友達が出来、彼にも変化が訪れようとしています。

閉じられた世界で、過ごしてきた彼が、これによってどのように成長していくのか?今後生暖かく見守っていきたいですね。

ところで、マユキ自身は自身の持つ特別な能力や信濃が彩吊師であることを知らないようです。しかしこの先、本人が望む望まないにも関わらず、その事実を知る時期がくるでしょう。その時、彼はそれをどう受け止めるのか?次回にも期待です!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

素敵探偵ラビリンス 3 (3) (講談社コミックス)


素敵探偵ラビリンス - livedoor Blog 共通テーマ

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/0a4eb2ec321cbaa51e0094a1d9a66d72/1f
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/bccd83335067b27f6867caf3ad56c0fa/94

0 Comments

Post a comment