(アニメ感想) ハヤテのごとく! 第29話 「見合」

ハヤテのごとく! 04




実家の母からお見合いを勧められたサキ。そのことワタルに相談したところ、あまりに気にしていない様子。そんなワタルを見たサキは、ワタルに反抗するかのように勢いでお見合いをすることになった。だが気にしていないふりをしながらも実は、サキのことが気になって仕方がないワタルは、その件をナギのところに相談にきた。お見合いというものに興味をもったナギ、ハヤテ、咲夜たちは早速、様子を見に行くことになった。そして、サキのお見合い相手というのは、白皇学院の教師・薫京ノ助だったのだ・・・。なんと言う無神経さ、なんと言う愛情のなさ・・・サキが怒るのも、無理はありませんね。自分が想う、大切な人のために尽くしていると言うのに、肝心の本人からはまるで自分を軽んじるかのような発言の数々・・・サキの怒りはついに頂点へと達します。

まあ、こうしたやりとりと言うのは本来、友達以上恋人未満の男女によく見られがちなものではありますが、どっちかと言うと姉と弟に近いワタルとサキのような関係では、少しめずらしいかもしれませんね。しかも、二人の間には主人とメイドと言う立場の違いもあります。まあ、これに関してこの作品の場合、メイド(執事)も主人も対等の関係として、描かれている事が多いので気にすることではないのでしょうが・・・。

そんなわけで、ワタルが自分に対して無関心を装った事に、意地になったサキは、母親のすすめる見合いをすることを決意します。

ここであせったのが、ワタル。早速ナギに協力を求めると、ハヤテ、咲夜と共に見合いの現場へと向かいます・・・。

あのぉ~もしもしハヤテくん?そのパチモンの読唇術はどこで習ったのかな~?(汗)ヒドい、エロエロ妄想・・・とても子供が見る時間帯にやるネタではない。一緒に見ている子供に「テクニシャンって何?」なんて聞かれたら世の親御さんたちが、返答に困ってしまうではないか!(苦笑)

まあ、そんないい加減なハヤテが、サキと見合い相手の男を引き裂くために思いついた方法ですが、これまた実にベタで単調なものでした。タマを使い相手の男をヘタレっぷりを見せつけ、サキに幻滅させると言う作戦・・・そしてこれには大きな落とし穴があったのでした・・・。

そんなわけで、タマグッジョブ~(苦笑)。雪路の凶暴さは、すでに確認済みでありましたが、改めてその恐ろしさを思い知った次第でございます。

戦闘能力なら、ハヤテといい勝負でしょう。やはり、軟弱な男は逞しい女に惹かれるものなのですね。この二人、なかなかいい相性だと思うのですが・・・。

一方、関係を修復したサキとワタル。やはり、サキにとってワタルは、まだまだほっておけない存在であるようです。いつも側にいてくれるから、それを当たり前のこととして受け止めてしまう。しかし、一度離れてみて、気づくその存在の大きさ・・・。

やはり、ワタルにはサキが必要です。そして、それはサキにとっても同じであると言うことなのでしょう。それを確認しあえただけでも、十分な進歩でせありましたね。まあ、末永くお幸せに(苦笑)。


タマ・・・Mだったか。この動物・・・ますますトラ離れしていっている(苦笑)


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

アニメージュ 2007年 10月号 [雑誌]


ハヤテのごとく! - livedoor Blog 共通テーマ

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/e0a79ad5fc207483bdde0f85501513d9/d4
http://blogs.yahoo.co.jp/touhourobin/trackback/840736/17543265
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/30f3b686c3c98057e24e92a34841ab5e/11
http://blogs.yahoo.co.jp/tako4936/trackback/862569/25625335
http://d.hatena.ne.jp/lospa/20071014/1192340379

0 Comments

Post a comment