(アニメ感想) みなみけ 第2話 「おかしな学校」

みなみけ 1 (期間限定版)




昼食の時間。唐突に、学校をやめたいと話すマキ。だが、春香とアツコはそれをさらりと受け流す。すると今度は、スカートが国を挙げてのセクハラであると、言い出した。唖然とする春香とアツコ。さらに、マキからとんでもない発言が飛び出すのだが・・・。突然、学校をやめたいと言い出すマキ・・・この子も、夏奈的ポジションにあるのか・・・。家では夏奈、学校ではマキ・・・春姉も毎日大変でございますね。

で、マキは学校の制服のスカートは、国を挙げてのセクハラだと主張します。何かの拍子にパンツが見えては一大事だと・・・ふむふむ、その通りでございますね。

それにしても・・・しゃがんだ拍子に、「春香のパンツが見えた」と言いかけたマキに対して、睨みを利かすだけで黙らせた春香の凄みには、ゾクゾクさせられました。おっとりとした彼女の内面に同居する黒さ・・・やはりのんびり姉ちゃんはこうでないと!

ところで、スカートに下にブルマは絶対禁止でございます。学校の規則で是非禁止とすべきですね、これは(苦笑)。その歳で、すでにそんな逃げを覚えてしまうと、ロクな大人にならないぞ!うんうん。

おかしなこととは何か?うむ、確かに小学生にはちと難しいかな。何せ男と女は二人っきりになると、おかしな事になる場合があるのです。その「おかしなこと」とは何か?と聞かれても、的確に答えられる大人が何人いることか・・・。

ともかく、経験が全くないであろう夏奈に、そのおかしなことについて説明出来るはずもないのです。では、顔を赤らめていた春香は経験があるのか?・・・野暮なことは言いっこなしですよ(苦笑)。

そんなわけで、二人の姉が中途半端におかしな事を教えたものだから、千秋がすっかりおかしくなってしまった・・・。一緒に遊ぼうという男子に対して「おかしなことをするのか?」と発言。

それに対し、一瞬ギクッとしたような表情を見せたこの男子は、なかなか将来有望でございますね(苦笑)。まあ、小学生が何が起きるなんて、期待するほうがおかしいのですが・・・。ところで結局、春香は経験がなかったようで、良かった良かった~(笑)。

つまりは、春香のクラスにも、千秋のクラスにも夏奈はいたということ(苦笑)。そして家に帰れば、夏奈と千秋に「おかしなこと」について400字詰め原稿用紙に書き記せと詰め寄られた春香。

うむ、可愛い妹達の純粋な疑問に正面からちゃんと答えねばならないでしょう。しかし、春香はそれに答えず「それはともかく今晩の夕食について語ろう」と煙に巻きやがった。まあ、妹達もそれに釣られて、カレー、うどんとリクエストするのだから仕方がない。

じゃあ、カレーうどんにしよう」とホッとした表情で話す春香。なんとも、あいまいにごまかすのは日本的だ。それは、最後の「カレーうどん」と言うメニューにも象徴されている・・・と強引に解釈してみました(苦笑)。そんなわけで次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

みなみけ 2008年カレンダー


みなみけ - livedoor Blog 共通テーマ

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/b5f87b71e8d8684ac88fc796245b63e0/ad

0 Comments

Post a comment