(アニメ感想) ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- 第3話 「覚醒 ―集いし翼―」

Rain Of Love




突然現れた怪物の襲撃にさらされる新小笠原ターミナルシティ。事態を収拾するために軍とISDAが動き出す。出撃命令が下り、その真の姿を現すドラゴノーツ。進行する混乱の中、トアを追おうとするジンの前に現れたのは——?トアはドラゴンだった。彼女はドラゴン化したスピリタスから、ジンを守るために飛び立った・・・。そして、アルブムの捕獲とスピリタスを止めるためドラゴノーツ隊も始動する。

ハウリングスター達がドラゴンに変身する様は、まさに変身ヒーローもののそれと似ていましたね。また今回は、戦闘シーンの描写に力が入っており、動きもよく、なかなかの迫力でありました。この作品の方向性が見えてきた気がします。

ところで、アルブムを見た隊員達の「これが三体目のオリジナルか・・・」と言う言葉。つまりこれは冒頭に海底で発見されたアレがアルブムであるということでしょうか。では、他のオリジナルは二体はどこに存在しているのでしょうかね?

考えられるのは、別の研究所にいるか、あるいはどこかに逃げたか・・・。ドラゴノーツ部隊に所属するドラゴンは、オリジナルを元に人の手によって生み出されたものでしょうから、研究所に一体は存在すると思うのですが・・・。

もしくは、アルブムはもともと研究所にいて、ここより逃げ出したとも考えられますかね。ギオがアルブムを守るために生まれたという発言からも、その可能性はありそうです。

それにしても凄いBLだ・・・(苦笑)。目の前で、親友のジンにギオを奪われたカズキ。「ギオは僕のものなのに・・・」カワイソス。考えたら、トアにジンを奪われ、今度はジンにギオまで奪われた・・・このままではカズキがあまりにカワイソウだ。

嫉妬に狂って、ジンを刺し殺しかねない勢いです。まあ、そうならないことを祈っていますが・・・ともかくこの妙な三角関係はやめい!!(苦笑)

今回はとにかく戦闘が熱かった!!お色気要素もあり、BLもあり、激しいアクションもありと、今後も人気が出そうですな。なかなか面白いなってきたので、これからの展開にも期待!


ところで、ベイゼルには娘がいたのか・・・しかし今は・・・。きっと悲しい過去を背負っているのだろうな・・・男はつらいぜ。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.blog.livedoor.jp/kobashimai/tb.cgi/51189809

0 Comments

Post a comment