(アニメ感想) レンタルマギカ 第3話 「神々の禊ぎ」

レンタルマギカ スリムグリモア第XII巻(通常版)




蔵名神社の神主である御凪 鎬から、審神者を貸して欲しいとの依頼を受けるいつき。鎬の目的は、眠ったままの兄を目覚めさせること。そして、彼女の口から真実が語られる・・・。さて、今回は蔵名神社の神主である御凪 鎬からの依頼を受けるアストラル。その依頼内容とは、審神者であるみかんを貸して欲しいというもの。そしてその理由と言うのが、眠ったままの兄を起こしたいとからとのことなのですが・・・。

幼い頃、鎬は兄と共に、巫女と審神者になって神を降ろそうとしたことがありました。それは、神社に神がいると言うことを証明するためにしたこと・・・。そして二人は、神を呼び出すことには成功したのですが、厄介な事にそこに呼び出された神と言うのが、建御名方神であったのです。

この地は、経津主神と建御名方神が争った場所。そして、神の同士の壮絶な戦いは、建御名方神が敗れ封じられることで決着がつきました。その後、鎬の神社では両方の神が祭られていたわけですが、運の悪いことに、諸刃と鎬の神降ろしの儀式では、建御名方神の方が降りてきたため、諸刃は眠り続けることになったと言うわけです。

ところで、一人称が俺の鎬・・・男のように振舞ってはいますが、私の目にはごまかされません!決して隠し切れない女の色香・・・まあ、巫女と言ってましたし、実際に女なのでしょう。僕っ娘は結構他の作品でも登場しますが、俺っ娘はめずらしい。しかし、そこがたまらんとです、先生(苦笑)。

さて、みかんは、神下ろしの儀を実行します。そして、神は舞い降りた・・・ところが、今回も現われたのは建御名方神の方。また君か?(苦笑)

まあしかし、大昔の恨みを今も持ち続けているとは、神にしては随分小さいヤツだ。しかも、関係のない人間に八つ当たり?コイツはヒドイ神ですね~。

だが、さすがに神だけのことはあってその力は強大です。たった一振りで、大地を引き裂くそのパワー!!この状況で、いつきが頼れないとなると、みかんが頑張るしかありません。神降ろしよりも困難だという、神を鎮める儀式・・・果たして成功するのか!?

日本の神の前に異国の魔法使いが現わる!?・・・なんともシュールでございますね。ましてや、神に刃を向けるなど・・・何と恐れ多いことをやってくれるのでしょう(苦笑)。が、穂波達の援護なしに、みかんの神鎮めが成功しなかったのも事実。神をも恐れぬその勇気は称えるべきなのでしょうね。

ところで、今回影崎と言う人物が初登場。協会の人間のようですが、どうにも何を企んでいるのか分からないところがありますね。まあ、私はまなみがあっさりとなついてしまった事に驚きましたが(苦笑)。アストラルを監視しているようですが、御凪家の件を見る限りは、この男、敵にも味方にもなるってところでしょうか?
今後油断ならない存在として、影崎には注目していきたいところですね。

それにしても、諸刃も目覚めた途端、大きくなった鎬を見て驚いたでしょうな。おお、こことかそことか立派になってからに、ほほう~(苦笑)。兄なのにショタ・・・これも一つのショタ萌えなのでございます。そんなわけで、今後のいつき社長の奮闘にも期待!

いつきは、みかんに甘いと皆は言うけれど、あんなに可愛ければそりゃ甘くもなりますわな。と言うか、さつきは釘宮病っすか?ww


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

レンタルマギカ妖都の魔法使い (角川スニーカー文庫 177-11)


レンタルマギカ - livedoor Blog 共通テーマ


http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/tb.php/945-1f8c3581
http://miragegrayempire.blog120.fc2.com/tb.php/40-faeeb83a
http://kinomin.blog.shinobi.jp/TrackBack/24/
http://kawasyachi.blog90.fc2.com/tb.php/369-f7a43491

0 Comments

Post a comment