(アニメ感想) ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- 第4話 「飛翔 ―青の果てへ―」

Rain Of Love




新小笠原の騒動から一命を取り留めたジンと謎の青年ギオ。2人を捕えるべく捜索を行うドラゴノーツたち。だが、トアとの再会を望むジンを、ギオはドラゴノーツに引き渡し、あげく自らも投降してしまう。ISDA基地に連行されるジンとギオ。果たしてギオの目的は何なのか!?男と女が無人島で二人っきりと言うシチュエーションは良く見かけますが、男同士と言うのはなんとも・・・(苦笑)。まあ、ジンがギオと去ってしまったことに対して激しい嫉妬の炎を燃やすカズキのシーンに象徴されているように、やはりBLテイストなのでございます。

ISDAがひた隠しにしている情報・・・それは人類が地球外生命体からの危機にさらされていると言う事実。これが世間に知れ渡ると、大きなパニックを引き起こすこととなるでしょう。

しかし、ドラゴンの存在はすでに一般の人々にも知れ渡り、もはや隠し通せなくなっているのも事実であります。ならば、連続殺人事件の犯人とともにDプロジェクト計画についても公表し、世間の目を逸らす必要があるというのがサカキの意見・・・。

さて、ISDAより逃亡していたジンとギオ。ところが、突然ギオがジンをドラゴノーツへと引き渡すと言う行動に出ました。一体どういう心境の変化なのか?

実はこれ、月にいるであろうトアに会うため、二人で示し合わせての作戦でした。ギオが基地内で暴れ気を引いている間に、ジンは宇宙用のポッドを手に入れようとしたのです。そして、作戦は無事成功し、ジンとギオは月へと向かうのでした・・・。

うーむ、アクションシーンは派手で、動きも非常に良く出来ているのですが、なぜか盛り上がりにかける・・・そんな展開。

これは、ジンに本性を見られ、嫌われたと思い込み、月に引きこもってしまったお姫様を連れ戻そうとする少年。そして、その少年に愛すべき友人を奪われ、嫉妬に狂い復讐を目指す友人の物語と言ったところですか?(苦笑)

男と女の切ないロマンスと、ドロドロBL愛憎劇・・・まあ、色々詰め込んだ感がありますが、今後それでもストーリーがうまく展開されるのなら構わないでしょう。

現時点では人とドラゴンとの強い精神的結びつき、その理由がいまいち分かりづらいのが難点ですね。今後はそのあたりに注意してみていく必要がありそうですね。次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- - livedoor Blog 共通テーマ

http://aircastle.blog11.fc2.com/tb.php/1425-6bd5751c
http://kazekaoruheya.blog51.fc2.com/tb.php/373-2172234a
http://higasirayuki.blog119.fc2.com/tb.php/43-7a16cff5
http://masaradantm.blog100.fc2.com/tb.php/445-d091d494
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10052717172/e74995db

0 Comments

Post a comment