(アニメ感想) キミキス pure rouge 第4話 「step in」

キミキス pure rouge (1)




カラオケから一ヶ月。進展のない光一と結美の仲にやきもきする摩央は、「その一歩をためらうな」と光一をけしかける。映研の次回作のシナリオを任された光一は、意を決して結美に話かける。サッカー部一の実力者・咲野明日夏は、一輝にディフェンスの才能を見い出し練習相手にしている。練習嫌いの一輝に苛立つ明日夏。「そんな中途半端で後悔しないの? あたしはどんなにうまくても……」一輝は、公式試合に出られない彼女の悔しさを知る・・・。摩央姉が怒るのも無理もないですね。カラオケに行ってから一ヶ月、せっかくきっかけを作ってもらって、いい雰囲気となったと言うのに、あれから何の進展もないなんて、光一はあまりにも奥手過ぎます・・・。

が案外、高校生だったらこんなものかもしれませんね。結局、周りが二人をくっつけるサポートをしてくれないと、卒業を迎えた時点でも何の進展もないまま、終わるのでしょう。相思相愛ながらも、そんな風に終わりを迎えた恋の形なんて、世の中には腐るほどあるのですから・・・。ともかく、そういう意味でも摩央の存在が重要であると言うことが良く分かります。

一方の一輝も、あれから二見とは何の進展もないまま・・・。まあ、一輝自身は彼女の事が気になって仕方ないわけですが、なんとも二見があの調子でありますからね。そんなあいまいな彼の状況につけこんでか?(苦笑)一輝の方には、不思議と女の子が集まってくる・・・今回の明日夏がそうでありましたね。

ただ、彼女の存在は、決して一輝を甘やかすものではなかったと言っておきましょう。二見に対してのモヤモヤした想い・・・そんな状態で、明日夏とのサッカーの練習に一輝は付き合いますが、当然練習に身が入るはずもありません。

ここで「そんな中途半端なことやってて後悔しないの!?」と明日夏から厳しい指摘を受けてしまいます。その指摘は、一輝の二見に対しての態度とも、重なるところがあったわけですが、それ故、一輝にとっては明日夏のその言葉は、気づきを呼び起こすものとして重要でしたね。

ところで、光一と一輝の恋がなかなか進展しない中、なんと甲斐が動き出しちゃったよ!!正直、ちょっとがっかり・・・個人的にはツンデレ甲斐を摩央姉がいかに攻略するのか?ってところに注目していたもので・・・。

ダメな後輩、光一と一輝に示しをつける上でも、摩央姉の主体性を持った恋の手本を見せて欲しかったな・・・いやあ、色々と残念だ。

まあそれはさておき、今は一輝より先に恋愛が成就しそうな光一を応援!と言ったところでしょうか・・・次回にも期待!


「私達も頑張ろうね!」となるみと奈々。いや、お前たちはダメだろう・・・まずは、その人形を捨てろや(苦笑)。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

キミキス pure rouge (2)


キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ

http://wastelandman.blog114.fc2.com/tb.php/158-e1828035
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10053153408/ca573f33
http://app.blog.livedoor.jp/gongoal2005/tb.cgi/50442739
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/84ed62ee67b5b05299bde7b015ee5d65/94

0 Comments

Post a comment