(アニメ感想) みなみけ 第4話 「恋もよう」

みなみけ 1 (期間限定版)




藤岡に憧れる少女、リコ。しかし、最近藤岡と夏菜が急接近していることに、彼女は大きなあせりを感じていた。そこで、夏菜の友達であるケイコにアドバイスを求めるのだが・・・。お前誰やねん?・・・見たところ至って普通のおっさんですが、どうやらみなみけとは、深い関わりのある人物のようです。

このおっさんの正体は、タケルおじさん。南家三姉妹の親戚でありました。ちなみに、現在彼にはもったいないほどの彼女にふられて、落ち込み中であります。

そんなタケルに夏菜と千秋は、触れてはいけない温かく見守ろうと話し、文字通り落ち込むおっさんを見つめ続けるのでした・・・まるで珍獣扱い・・・そんなに失恋したおっさんがめずらしいか!(苦笑)

タケルと二人っきりなることを避けようとする、夏菜と千秋がなんとも滑稽でありましたが、そりゃ誰だって、こんな重いおっさんといたくないですよね~(汗)。おまけにこの人、随分とマイペースで、みなみけとの食事中彼女から電話がかかってくると、そそくさと家を出て行っしまったのです。

夏菜の「あいつもう入れるな」はおっしゃる通りでございます。人を振り回すなゴラァ!!・・・で、またおっさんが玄関にいましたよ・・・本当にご愁傷様でしたww

カッコイイ藤岡君・・・ああなんて素敵なの・・・。リコは藤岡のことが気になっている夏菜のクラスメイト。最近、急接近している夏菜と藤岡の関係に興味津々だ。

しかしリコよ・・・人を呼び止めるときに、いちいちスカートの端を掴むなって!!こんな古典的な手法、久々に見ましたわ(笑)。ケイコも股間とお尻を手で押さえるのやめい!何か卑猥ですから・・・。

ともかく、リコは藤岡に近づくためには、彼と仲のいい夏菜と友達になる作戦を思いつきます。そして、二人は出会った・・・(いやすでにクラスメイトですが(苦笑))。

で、夏菜を呼び止める時、彼女をどこを掴むかに注目しておりましたが・・・髪の毛だったとは。確かに掴みやすそうな髪型ではありますな(苦笑)。しかし、その後すぐに髪の毛を掴み返した夏菜も侮りがたし!!

そして、そんな二人の後ろからコッソリと逃げようとするケイコ・・・しかし、それを夏菜とリコが見逃すはずもなかった!踏みにじられた節操・・・いや~ん、まいっちんぐ!って言ってみれ!!(苦笑)

気持ち悪い・・・二宮くんと先生の愛の物語を銘打って置きながら、全力で愛する者をボコってしまうと言うゲームソフト(しかもバットエンドばっか)もそうだが、何と言っても、保坂がとてつもなく気持ち悪い。

そもそも、この男の異常性は「春香に汗をふいてもらいたい・・・」その一点に執着しているところにあります。新手のフェチか?(苦笑)しかも、全て自身の妄想の中で話しを進め、最後は「パパと呼びなさい」ときたものだ・・・。よし、もう一度言おう!保坂、気持ちワルス!!

しかしながら、保坂のように幻想の中に生きることが出来たら、どんなに幸せだろうかとも思ったりして・・・いやあ、今回はリコと言い、保坂と言い幻想の中に生きる住人達の習性が、なんとも楽しかった回でありましたね。次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

経験値上昇中☆


みなみけ - livedoor Blog 共通テーマ

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/taka613/diary/200711010000/d334e/
http://arekao.jp/kumix/tbinterface.php/c09f21a422af498f7d1af74722c79fcc
http://app.blog.livedoor.jp/kuma_road51/tb.cgi/51365501
http://mtgchourou.blog.shinobi.jp/TrackBack/706/
http://mekatama.blog21.fc2.com/tb.php/899-a2d563b1

0 Comments

Post a comment