(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に解 第17話 「祭囃し編 其の四 謀略」

ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.02〈初回限定版〉




L5を発症してしまった沙都子。そんな彼女を救うべく、入江は女王感染者である梨花に協力を求める。しかし・・・。鷹野、入江の事情・・・。鷹野が堕ちいていく過程、そして入江の抱える葛藤と今回はなかなかに見ごたえのある内容でありました。

さて、ついにL5を発症してしまった沙都子。両親の事故も、彼女の雛見沢症候群によって引き起こされた悲劇であったことが、判明しました。このままほっておけば、沙都子の精神崩壊が起こり、やがて破滅に至る・・・。

そんな沙都子を解剖するよう指示が下されたのは、当然の流れでありますが、これには入江が大きな抵抗感を示します。

しかし、研究とは目に見える結果が伴わなければ意味がない・・・そんな葛藤の末に入江の起こした行動は、梨花に協力を求めること。

梨花が、女王感染者であることは周知の通り。その彼女を研究すれば、村の皆を沙都子を救うことが出来るかもしれない・・・。そして、梨花自身もそれに協力することを承諾しました。まあ、梨花にとってはつらい実験でしょうが、彼女には彼女で沙都子を救いたいと言う、強い想いがあったわけです。

そして、この実験は実を結び、ある程度雛見沢症候群を抑えることの出来る、ワクチンが完成しました。この成果を導いた入江の努力には、本当に素晴らしいものがありますね。

ところで入江には、事故により精神病を発症した父がいたそうです。当時は、精神病の世間の認知度は低く、周囲の偏見にさぞかし苦しんだことでしょう。そうした父の汚名を晴らすべく、入江は頑張っているわけですが、その事情は鷹野と共通する部分も多いですね。

ただ決定的に違うのは、崇高なる目的のためには手段を選ばないとする鷹野の思考と、罪の意識は必要であると話す入江のその考えた方・・・。鷹野が狂気染みているのに対して、入江は必死に正気を保とうとしているのです。そうして足掻いている入江の姿は、鷹野の目にはどう映っているのでしょうね?

しかし、小泉に接する鷹野の態度は、昔と何一つ変わりない彼女のありのままの姿がありました。尊敬するおじいちゃん、その親友である小泉にだけは心を許しているのでしょう。

また、彼の存在がギリギリ鷹野に人の心をを留めさせているとも、捉えられます。ならば、彼女が真の狂人となる時は、やはり小泉の死がきっかけによって・・・と言う可能性は高いですね。

女王感染者に何があった時に、引き起こされる雛見沢住人の狂気。錯乱状態となった彼らに言葉は通用するはずもなく、それはやがて村の崩壊へと繋がる・・・。

鷹野の作ったレポートに、上の連中は食いるよう見ていた。かつては嘲笑され、踏みにじられたおじいちゃんの研究成果・・・鷹野の中で何かが満たされていく・・・。だが、そんな状況も、この後少しずつ崩されていくことになるのです・・・。

梨花の両親による実験拒否。時間がないと言うあせりは、ついに鷹野に一線を越えさせたました。オヤシロさまの祟りを装った、梨花の両親の殺害・・・。

なるほど、これも彼女の仕組んだことでありましたか・・・。鷹野は自身の勝利を確信するわけですが・・・この後そんな状況も一変するある出来事が起こるのです・・。

小泉の突然の死・・・そして、失意のどん底にある鷹野へさらに追い討ちをかけるかのように下された上の決断。雛見沢症候群の研究の中止。

そんな鷹野の前に現われたのが、謎の女です。それはまさに悪魔の囁き・・・しかし、失いかけた自身の目的を呼び起こすには、十分なものでした。もはや引き返すこの出来ない道・・・鷹野は女と固く握手を交わした・・・。


ここで新キャラが登場するとは、思いもしませんでした。次第に追い込まれていく鷹野・・・そして最終的に彼女を狂気へと導いたのが謎の女の存在です。はっきり言って容赦がない・・・。

しかし、これまで私の中でずっと疑問だった、鷹野がなぜ雛見沢の全滅を引き起こしたのか?は、今回ようやく納得出来る形で解消されました。彼女の目的には、ただ単に研究の成果を認めさせるだけではなく、上の連中への復讐も含まれていたのですね。

ただ・・・鷹野は確かに圭一達が立ち向かわなくてはならない、強大な悪でありますが、謎の女の存在も気になるところでありますね。

場合によっては、鷹野をどうにかしただけで、問題の解決を見ることはないと言う可能性もありそうですから・・・。やはり、この後の展開も気になるところであります・・・次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉


ひぐらしのなく頃に解 - livedoor Blog 共通テーマ

http://d.hatena.ne.jp/sa_to_e/20071104
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/3b2dc93d00
http://hsbs.blog82.fc2.com/tb.php/643-7bbd9dce

0 Comments

Post a comment