(アニメ感想) ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- 第6話 「再会―惹かれあう想い―」

Rain Of Love




利害の一致したドラゴノーツとジルアード軍は、トア捕獲の共同作戦を行う事を決定する。一方、手掛かりを失いつつもトアを探し続けるジンとギオ。果たしてジンはドラゴノーツと軍の追撃をかわし、トアとの再会を果たすことができるのか——!?キリルにアルブム捕獲を進言したサカキ。これにより、ドラゴノーツ達が月へトアの捕獲に動き出すわけですが、一方でドルアード軍もギオの捜索に乗り出しています。ここは、表面上は共同戦線と言うことになるのでしょうね。

しかし、サカキは、ガーネットがギオを捕獲しても、ISDAに引き渡さないと見ているようですね。まあ、ドラゴンとの共鳴で失敗を繰り返しているジルアード軍にとって、レゾナンスの術式を手に入れる大きなチャンス。それを見逃すはずもないと言うことでしょう。そうと知って・・・一体サカキは何が目的なのか・・・。

一方、トア探しにやっきになるジン。実は、一度彼女のいたカフェにも足を運んでいたのですが、気利かしたシェリーが「トアのことは知らない」と言ったものだから、ジンは結局彼女との再会を果たすことができなかったのです。

会えない時間が続くほどに、その想いは強まってく・・・。心に迷いを見せるトアにシェリーは、静かに自身の悲恋を聞かせます。会える時に会っておかないと、もう二度会えなくなるかもしれない・・・。そして、トアが大きく心は動き出すのでした・・・。

せっかく、ジンとトアが再会を果たそうというのに、これまたとんでもないお邪魔虫達が現われたぜ!!トア捕獲を目指すドラゴノーツ達によって、引き離されるジンとトアがあまりにも哀れでございましたね。

人によって作り出されたドラゴン、そしてそんな彼ら(彼女ら)と行動を共にするパートナーの人間達。そんなドラゴノーツ達にも、スピリタスの死がきっかけとなり、大きな変化の波が訪れたようです。

ジンを逃がしたソウヤしかり、トアを逃がしたマキナしかり・・・。例えば、マキナは自身の生まれた意味について、これまでずっと問い続けてきましたが、そんな彼女にとって、トアの「運命」と言う言葉はあまりに衝撃的だったようです。それは、自身が生まれてきた意味というものを再確認できた、とても重要な出来事だったからのです。

また、ソウヤにしても、ドラゴンと人との関係・・・その行く末と言うべきものをジンとトアの関係に見いだそうとしています。このように、ジンとトアこの二人の恋は周囲に否応なく、様々な変化を生じさせているのです。

ああ、ここにもそんな二人に影響を受けた人物が・・・お、おい・・・カズキがどんどん黒くなっていってるよ。男の嫉妬はみっともないぜカズキン!!(汗)しかも、女がフラレて心機一転のため髪を切るというのは聞いたことあるけど、男が・・・いや、もう何も言いますまい(苦笑)。

一方、ヨミナミはアマギとジルアード軍が裏で繋がっていたことについて、調べ始めたようです。その情報はキタジマの耳にも入りましたが、彼女がそれを受け、どういった行動に出るかには注目です。まあ、ドラゴンの研究に執着している彼女ですから、厄介なことにならなければいいのですが・・・。


しかし、ジンとトア・・・この二人のこの恋のドラマが、まったく盛り上がらないのはなぜか?二人の出会いは運命的であったわけですが、そこに意味を持たせることができてないところに、一つ原因があるような気がします。

僕達、私達が出会った事に何の意味があるのか?そして、そこより何が始まっていくのか・・・そうした期待感を持たせられていない現状・・・まあしかし、今後にも注目です。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191743/17032604
http://arekao.jp/kumix/tbinterface.php/58de2f63118df4aae5bf461693e60649
http://kedamonomania.blog78.fc2.com/tb.php/785-a58abcd9
http://lamperouge.blog76.fc2.com/tb.php/177-9c5e1070

0 Comments

Post a comment