(アニメ感想) ご愁傷さま二ノ宮くん 第7話 「元気だしてよ」

ご愁傷さま二ノ宮くん 限定版 第1巻




いつものように、クラスの生徒達より、イジられる峻護。ヒドい責め苦にフラフラになってしまった彼は、修学旅行実行委員の仕事の疲れもあって、ついに倒れてしまう。そんな峻護を真由一人が看病することになるのだが・・・。峻護からすれば、ただの拷問に過ぎないのでしょうが、つくづく羨ましい・・・。いつものように、女子からイジられる二ノ宮君ですが、今日は幼児プレイだそうですよ~。と言っても、ただお弁当を女の子達から食べさせてもらうだけなのですけどね。まあ、どんなプレイにおいてもする側もされる側も、両方がその気にならないと成立しないものですよ。

ところで気になるのは、奥城いろりの動き。峻護と同じ修学旅行実行委員である事を理由に、何かと彼に誘惑を仕掛けてきます。そして、彼女の兄である奥城たすく。峻護に「月村さんは俺がもらう」と宣戦布告したわけですが、もしかするといろりが二ノ宮を誘惑するのも、真由をたすくが落としやすくするための、連携プレイなのかもしれませんね。

それはともかく、日頃の疲労がたたり、峻護が風邪で倒れてしまうという事態が発生!麗華はアラブの石油王との面談の予定が入っているため、看病は出来ず真由一人が峻護の面倒を見ることに・・・。

不器用で、一人じゃ何も出来ない真由・・・。しかし、そんな彼女が峻護のために奮闘する姿を見つめる心境は、可愛い娘を見守る父親のそれのようですね。

それでも、峻護の熱は一向に下がらず・・・困り果てた真由は日奈子にアドバイスを求めますが、「取りあえず精のつくものを・・・」と言彼女が言ったものだからさあ大変!これが後に大きな誤解を招いていまうのでした・・・。

いやあ~、イモリとかマムシとかスッポンとか・・・それ精力増強剤!!ww おかけで、峻護のマグナムが大砲級になってしまったではないか!!!これはイケない、すぐにしずめてあげなさい!(苦笑)って違うか。

結局それで熱が下がるはずもなく・・・峻護を心配した真由は今度は、涼子にアドバイスを求めます。しかし・・・。

ああっ~!!今度は、大砲級がロケット級になってしまいましたよ~(苦笑)。押さえきれない衝動・・・もう峻護はずっと前かがみ(汗)。しかも、真由がそのデッカイお乳を揺らして、懸命に尽くそうとしてくれるものだから・・・ますますヤバいことになってしまうのです。

ただ、普通の男子ならば間違いなく真由を押し倒してしまったところでしょうが、最後まで自分と戦いそれに勝利した峻護には天晴としか言いようがありませんでしたね。まあ、その精神力も涼子からの鍛錬の賜物と言えるか・・・

さて、今後は奥城兄妹の動きが気になるところです。二人の正体は?そして彼らの真の狙いとは? 負けるな峻護!ガンバレ峻後!!・・・と言うか本当の敵は自分の中にこそあるんだろうな(苦笑)。次回にも期待!

ご愁傷さま二ノ宮くん 限定版 第2巻


ご愁傷さま二ノ宮くん - livedoor Blog 共通テーマ

http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10055691019/8565e205
http://app.blog.livedoor.jp/onochi/tb.cgi/51112179
http://aether16g.blog111.fc2.com/tb.php/436-4bab870c

0 Comments

Post a comment