(アニメ感想) かりん 第5話 「家族そろって 恥ずかしい」

ああ~、かりんちゃん可愛いよ~。「何でも恥ずかしい」って可愛すぎるよ。走り方も可愛い、お口開けても可愛いと最近かりんに萌えまくってます。このアニメお話し事態はわりと普通なので今のところ特別面白いと言うわけではないのですがやはりキャラ萌えがポイントでしょうか?個人的にはそろそろ新キャラが登場しないともたいないような・・・。



karin05120200001karin05120200002karin05120200003karin05120200004

健太に秘密がバレてしまい、激しく動揺してしまうかりんですが彼の秘密を話さないと言う言葉を信じ取り敢えずほっと一安心。ところが、かりん達の前に煉が現われて健太の記憶を消すと言い出します。しかし、杏樹がそれを阻止したため健太は事なきを得るのでした。家族会議で、健太に事情を話し仲間に取り込むことを提案する杏樹。それに大反対のかりんですが、杏樹はある重要なことをかりんに告げるのでした・・・。

今回もあまり突っ込みどころがなかったですね。ストーリーの進行も特にワクワクさせる様子もなく進んでいくので正直このままでは退屈してしまうでしょう。かりんの秘密も健太君にバレてしまったのですが、ある意味もうこれで話しが終わってしまったのでやっぱり新キャラやライパル出して新たな展開にしていくしか手段はないかな?それにしても、この健太って子もお母さん元気になってよかったのに何を悩んでいるのだろうか?よう分からん・・・。

karin05120200005

かりん(7)

0 Comments

Post a comment