(アニメ感想) 銀盤カレイドスコープ 第9話 「トライアングル・ラブ」

リアルでも、NHK杯だの安藤美姫だの色々騒がれてきましたがオリンピックに向けて盛り上がってきた証拠ですね。前回はスケートの話しから少し外れて、今回もどうやらスケート外の話になりそうですね。最近、ギャグ部分に前半の頃の勢いがないのでちょっと寂しいですね。もっと、タズサのピートイジメが見たいですな。



ginban051202001ginban051202002ginban051202003ginban051202004

バッシング報道も副会長の黒い疑惑によって一応の型がついたタズサですが、以前よりさらにマスコミの報道は加熱。さらに、ファンの急増により両方に追い回されるタズサ。ところが、ライターの新田の機転にり難を逃れます。道中の車で、「君をずっと見つめていたい」と話す新田になぜかドキッとしてしまうタズサ。その様子を見ていたピートは面白くありません。そして、そのことで二人は・・・。

まあ、世界一プライドの高いツンデレのことですから今まで人に惚れたことがないのかもしれませんな。結構強引な新田に少し心を動かされたタズサですけど、やっぱりこういう押しの強いタイプは好みなのでしょうか?ピートも段々とタズサに惹かれはじめているのでタズサに嫉妬するのは分かりますがかなりあからさまですね。いや、その前にタズサの一心同体の彼ですから新田とタズサが夜明けのコーヒーを共に味わうことになった日にゃ本当の意味で昇天してしまうことになるので危機感を覚えての発言かもしれませんな(笑)。あっ、メガネっ娘の三段オチはなかなか面白いです。やっぱ、銀盤はこうでないとね!

新田との熱愛が報じられてしまったタズサ。早速三代に散々イヤミを言われます。しかし、高島コーチは「あの人もスキャンダルに潰された口だからな」とかつてまだまだ現役でいけるはずだった三代が妻子ある俳優とのスキャンダルでマスコミに散々叩かれた過去を話します・・・。

熱愛報道ですか、スケートの話しからどんどん離れていきますね。まあ、こういうスポーツ選手のスキャンダルってリアルでもよくある話しなんですけどね。でも、今回はギャグも冴えているし私はこういう話しの方が好きですね。タズサの性格の悪さ爆発です。やっぱこの子オモロイ・・・w。ベタでしたけど高島コーチのオチも良かった。さあ、これで周辺騒がしさも一応の決着を見ましたしフィギュアにこれで専念できますかね。そろそろ、リアとタズサの絡みを見たいですね。リアはどんな凄い性格してるんだろう?楽しみですな~色んな意味で、能登だしw

ginban051202005

銀盤カレイドスコープ (Vol.6)

0 Comments

Post a comment