(アニメ感想) シゴフミ 第1話 「コクハク」

シゴフミ 2―Stories of Last Letter (2) (電撃文庫 あ 17-6)




東京のとある街・かもめ市の一角にある廃ビルの屋上で、町屋翔太はロケットを作っている。それを見守りながらおしゃべりをしている少女、綾瀬明日奈の元に父親が遺体で見つかった知らせが入る。 一緒に警察署に行き、翌日いつものように廃ビルの屋上に来た翔太は、ロケット小屋が白い煙で覆われているのを見つける。急いで小屋の中に入った翔太は、シゴフミ配達人・フミカと言葉を喋る杖・カナカに出会う。そしてフミカは語る。 明日奈の死んだ父親から明日奈の恋人への「シゴフミ」を届けようとしていること。そしてそれを届けるのがボクの仕事だと・・・。公式でフミカのイラストを見ていたものだから、もっと萌え的な作品をイメージしていましたが、内容はまったく違うものでした。

死神のバラッドと地獄少女を足して2で割ったような作品?ちょっと違う気もしますが、人の死とそれに関わる周囲の人間の様々な人間模様。当然そこでは、人間のドロドロした内面というものも浮き彫りになっていくのでしょうね。

フミカは死者から届くシゴフミを生きている者へと届けるシゴフミ配達人。「死後直後に死者自身が書く」というのが味噌であります。死人にくちなしと申しますが、まさにこれは死者の声を代弁事業といったところでしょうか。まあ、金は取らないのでしょうけどね。

ただ、死者からの声というからには、そこには当然のごとく恨み節的なものを含まれるだろうし、その死の真相を辿っていくうちに見えてくるもの・・・と言ったミステリーは期待出来るでしょうね。

一方で、死者からの残した人への感謝の想いを示す内容の手紙だってあるかもしれない。その場合には、感動物語も見られるのではないかと思います。

世の不条理と向き合うという現実を描くだけでなく、そこに救いも提示されるとしたら・・・なかなか深いテーマ性を持った展開が期待できそうですね。

それにしても、今回のラストはあまりにも衝撃的なものでした。ここで終わるのか?と言う引き・・・次回への期待は否応なしに高まるというものでしょう。

確かに、父親が死んだと告げられても明日奈の表情が淡々としていたので、妙だなとは思ってはいたのですけどね。凶器を手にした時の表情の変わりようにはゾッとするものがありました。

彼女と父との間に、過去何があったのか?まあ、父親が無職であったということからも、大体どんな家庭事情があったかは想像に難くありませんが・・・。

ただ、ここからの展開によってこの作品の「色」と言うものががはっきり見えてくるでしょうから、次回には注目です。不条理と、狂気と、悲劇と・・・しかし、その先にあるものとは? 次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンタム00、クラナド、ひぐらし解、バンブーブレード、ハヤテのごとく、みなみけ、げんしけん2等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

シゴフミ―Stories of Last Letter (電撃文庫)


http://cactusanime.blog104.fc2.com/tb.php/284-946ff3d8
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10064842916/708fd74d
http://app.blog.livedoor.jp/deo913ogstxd/tb.cgi/54936343
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/17629300

0 Comments

Post a comment