(アニメ感想) ARIA The ORIGINATION 第1話 「その やがて訪れる春の風に…」

ARIA(11) (BLADE COMICS)




カーニバルが終わり、いつもの落ち着きを取り戻したネオベネツィア・・・。灯里は少しの寂しさを感じながらも、素顔のネオベネツィアに一つの素敵を見いだしていた・・・。いつも通りのARIAに少し安心感を覚えつつも、またこの作品で癒されることへの期待で胸膨らみ・・・いやあ、始まりました。個人的には、今期一番の期待作でございます。

カーニバルも終わり、静かになったネオベネツィアに少しの寂しさを感じてしまう灯里。しかし、それは素顔のネオベネツィアであり、そんなネオベネツィアもまた愛しいと感じる灯里の感性はやはり素晴らしい。

そんな折、カーニバルの時の客からARIAカンパニーへとある届け物が届く。それは、桜のジャムだった。そこでアリシアの提案で、皆を呼んでお茶を楽しむことに・・・。

そして集まったいつもの面々たち。アリア社長に飛びつく、まーくんも相変わらずだが、ツンデレなヒメ社長も相変わらず。もちろん、藍華やアリス、晃、アテナも相変わらずなのだ。

こうして、皆で集まって過ごす楽しいひと時が、愛しいと感じられるのは、カーニバルが何れ終わり迎えるのと同じように、こんな時間がいつまでも続くわけではないということを、皆がそれとなく察しているからかもしれない。失うからこそ、大切にしたいというものはあるのだ。

さて、カーニバルの間は先輩達のゴンドラに同乗することが多く、勉強になった話す灯里達。ここでは、その時のそれぞれの先輩達のエピソードが語られたわけだが、それは、さすが「三大妖精」言えるものだった。

まあ、先輩達の能力を見せ付けられ、灯里達はむしろ自身を失ってしまったみたいだが・・・。しかし、アリシアは言う「灯里達は確かにまだまだ。でも私も晃ちゃんもまだまだ」と。晃も「この仕事を続けていく限りは、自分に満足することはない」と話した。

自身で限界点を決めてしまうと、それ以上は伸びることは出来ない。「まだまだ」だと思えることは、それだけ自身が成長するという可能性を残しているということ。

明日の自分は今日よりも輝いていると信じたい・・・」アリシアのそんなセリフは、生きた言葉として伝わってくる。それは先輩である彼女達自身が、身をもって示しているからに違いない。

見つけられる自分だけの輝き・・・それは彼女達の可能性ある未来。そして何れはなるであろう、どこにもいない、まだ誰も知らない新しいプリマウンディーネに・・・。

素顔のままの自分になった時に見えてきた可能性・・・それは、ネオベネツィアと共に歩み、どんな素敵を運んでくれるのだろうか・・・。


なんだか、まるで最終回のような雰囲気の初回でありました。まあ始まりも終わりも、実際には同じようなものであるのかもしれません。

ただ、この一話で十分にアリアの空気感というものを味わえたと思います。新年早々からこの作品で癒されることが、我々にとっての一番の素敵だと言えるかも知れませんね。今後にも期待!


しかし、エンディングの曲が良かった、個性的で魅力的な声・・・引き込まれていった。名曲と言うのはこうして生まれるのだと実感。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンタム00、クラナド、ひぐらし解、バンブーブレード、ハヤテのごとく、みなみけ、げんしけん2等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

ARIA プレミアムポスターブック3


ARIA The ANIMATION - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.blog.livedoor.jp/hamak0/tb.cgi/50961615

0 Comments

Post a comment