(アニメ感想) 極上生徒会 第24話 「あなたに会いたくて」

0ee9d572.jpg















極上生徒会もこの回も含めて残すところ後3話になりました。まあ、それぞれのキャラクターのエピソードにスポットを当てた回も多かったので本編の極上のおバカな日常を描く回がどうしても少なくなってしまったですね。6話8話のような話しがもっとあるとこのアニメの評価も変わったものになったかもしれませんが・・・。



今回は、体育祭が間近に迫りこの運営に「てんてんこまいで、コンコンチキ(^^;)」な毎日を送っているりの達が描かれています。

運営は概ね順調。それぞれのメンバーが見事に役割を果たしていますが、肝心のりのと言えばアユちゃんと棒倒しで遊んで時間を潰している始末・・・。



しかし、ここまで来てもりのの影が薄い・・・いやある意味目立ってるのだけどかっこよく活躍する場面があまりないせいかな?

ああでも、よくよく考えたらこのアニメってりののおバカ間抜けでどじっ娘ぶりを見て萌える作品でしたね(^_^;。



さて、お話しの方は体育祭の前日から急展開します。神宮司奏の祖父が急性心不全のため亡くなったのです。親族会議で、次期当主に決まった奏は宮神学園を自主退学してしまいます。困惑するりの達でしたが、ある決意を胸に極上生徒会の面々が終結します。



いよいよクライマックスに向けて盛り上がって(?)参りました。来週にはりのの能力も明らかになるでしょうしプッチャンの秘密も・・・。早い話しになりますけど第2期の製作も是非希望したいところです。



あっ、何か最近レインに萌えてきました(^o^)。

0 Comments

Post a comment