(アニメ感想) 破天荒遊戯 第2話 「きずあとのきず」

破天荒遊戯 (10) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)




旅を続けるラゼルとアルゼイドは、道に迷い歓楽街へと足を踏み入れる。二人が口喧嘩をしながら歩いていると、曲がり角から警察に追われた少年エルマーが飛び出してきた。ラゼルたちに助けを求める、彼の"父の仇を討ちたい"という言葉に引き止められるアルゼイド。しかし、エルマーを追ってきた警官により、三人は牢獄へと捕えられてしまい……。アルゼイドが旅を続ける目的が明らかに・・・。それは、殺された父親の敵討ち。アルゼイドは言った「殺された男は、ある意味では父であり、ある意味においては俺と全く同じものだった・・・だからこれは俺自身の敵討ちでもある」。それはまるで、謎解きのような敵討ち。しかし、ラゼルはその答えを知りたくて彼と旅しているわけではない。

敵討ちなんて興味はない」今回、ラゼルが終始言い続けた言葉だ。しかし、ひょんなことから他人の敵討ちへと巻き込まれてしまった。父親を警察に殺されたという少年を庇ったがために、牢獄に入れられてしまったのだ。

ラゼルは決して他人に無関心というわけではない、無関心を装っているだけであり、決してフォローを忘れることはないのだ。

ただ、「他人の復讐」に興味がないだけなのである。エルマーの復讐に興味を示すアルゼイドに対して、あまり乗り気でない表情を見せていたのもそのためだろう。

そんなアルゼイドに対しては、ヒートが「自分の痛みと真正面より向き合うよか、似たような他人の傷にチャチャ入れるほうがらくちんですものね」とエグるような言葉を言い放ってくれた。

それは、なかなかに手厳しい指摘である。確かに、他人の手助けにより自身の中で何かが満たされると言うのはあるだろう。それ自体は決して悪いことではないが、仮にそれが自身の問題から逃げるための手段として、使われ場合には・・・ヒートの言い分にも頷ける。

このすさんだ社会では、刑務所ですら商売となる。ラゼルが投獄されたここも、そんな社会のはみ出し者を食いものにした場所であった。まあ、しかし彼らが大人しく捕まっているはずもなく、当然脱獄を企てたわけだが・・・。

所長に銃口を向けたエルマー。しかし、アルゼイド達には看守達の銃が向けられている。所長を撃てばアルゼイド達は殺される・・・だが、エルマーは自身の敵討ちを優先しようとする。その時、ここでラゼルが取った行動は意外なものだった。

なんと、エルマーへと銃を向けたのである。それは、「エルマーと同じ敵討ち」だと彼女は言う。エルマーが所長を撃った途端にアルゼイド達は殺される、だからラゼルはその敵討ちをするということなのだ。

恐らく、そうして、復讐が復讐を生み多くの血が流されるのだろう・・・。永遠と続く復讐の連鎖。それを自身の手で断ち切ることは一つの勇気だと言える。

死んだ人間よりも、今生きていそこにいる命の方が遥かに大切なものであるとラゼルは説いた。それは「復讐なんてくだらない」そう言い続けた彼女が、明確なる形でその理由を示してくれたものだろう。

ラゼルが、旅を続ける理由は分からない。もしかすると自身でも分かっていないのかもしれない。だが、仲間を守る理由ならある。それは決して失ってはならない大切な存在なのだから・・・一蓮托生、まあ今後も三人仲良く旅を続けて欲しいものである。次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンタム00、クラナド、狼と香辛料、ロザリオとバンパイア、君ある、H2O、さよなら絶望先生、ペルソナ、true tears 、シゴフミ、バンブーブレード、ハヤテのごとく、みなみけ等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

破天荒遊戯 1 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)


破天荒遊戯 - livedoor Blog 共通テーマ

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/1ed5de96d33a4ec264f3c8ef26a53bfb/12
http://blogs.yahoo.co.jp/siawasenokakeraatume/trackback/257417/1180094
http://app.blog.livedoor.jp/asu6/tb.cgi/51092533
http://d.hatena.ne.jp/dia/20080115/p2
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/3860-6a3e8608

0 Comments

Post a comment