(アニメ感想) レンタルマギカ 第14話 「星のキオク」

レンタルマギカ アストラルグリモア第II巻(限定版)




アストラルの元に石動 圭と名乗る男が依頼をしにやってきた。何でも星祭を頼みたいのだと言う。だが、猫屋敷の姿を確認した途端、圭の顔色が変わった。そして・・・。新キャラクター登場。石動圭と猫屋敷はかつて、兄弟弟子の間柄だったようです。また、過去の回想では、彼がその当時所属していた流派を破門となったのは、みかんを助けるためということが判明しましたが、なぜみかんが葛城家を出たのかは不明。これに関しては何れ、明かされることでしょうも。

で、石動 圭と猫屋敷の関係ですが、これは過去の因縁から、圭は猫屋敷に複雑な想いを抱いているようですね。そんな彼からの依頼・・・当然、猫屋敷も何かを感じっていたようです。

そして、星祭の儀式が始められました・・・。

突然現われた光!!その瞬間、儀式に立ち会っていたいつきとみかんは吹き飛ばされています。そして、姿を見せた石動圭・・・。

猫屋敷は、いつきに「フェーデの証人になって欲しい」と話します。その決闘の相手は石動圭。彼は最初から、この星祭を口実に、猫屋敷に決闘を仕掛ける目的があったのでした。

そして、猫屋敷もそれは想定済みのことです。元々、この流派の星祭は呪力を払うのが主眼ではなく、呪力を浄化させ自らの体内に取り入れる。そうすることで術者に活力を与え、より高度な魔術に適応できる力を身につけること、それこそが星祭の目的であったのです。

実は、猫屋敷は圭がそれを狙っていることを知っていて、あえて相手にその力を与えたのです。フェアな条件で決着をつけたい?何たる余裕!猫屋敷・・・お前は本当に男だよ。

この戦い、当然激しいものとなりました。外法さえも駆使して猫屋敷への執念を見せる圭。それでも、揺ぎ無い自身の表情を終始見せていた猫屋敷が印象的でした。この時点ですでに、結末は見えていたのかもしれません。

結局、終始圧倒したまま猫屋敷が勝利。しかも、傷つき倒れた圭を治療する余力まで残すという余裕っぷり・・・そりゃ敵わないわけですね。

戦いの最中、圭が笑みを見せる場面がありました。猫屋敷の強さを確認し、それが高き目標であるということと知った喜びからでしょうか?

姉を失ったやり切れなさ、そうした鬱屈した感情や強さへの憧れも含めて全てを受け止める包容力を猫屋敷は持っていました。

つまり、圭は猫屋敷への依存と甘えがあったわけですが、それは彼の姉も見抜いていたのでしょう。

だから、猫屋敷に「見捨てないで」と頼んだのです。そして、猫屋敷はその約束を違えることはありませんでしたね。そうした圭の全てを許容する優しさが彼の強さであり、何よりの武器です。

いやあ~、いつもヘラヘラしていてどこか頼りない風の猫屋敷でしたが、今回は彼の意外な一面を見た気がします。

そして、そんな圭と猫屋敷の戦いを最後まで見届けたいつき・・・これでまたそれぞれの絆は強まったことでしょう。次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンタム00、クラナド、狼と香辛料、ロザリオとバンパイア、君ある、H2O、さよなら絶望先生、ペルソナ、true tears 、シゴフミ、バンブーブレード、ハヤテのごとく、みなみけ等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

レンタルマギカ アストラルグリモア 第I巻(限定版)


レンタルマギカ - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.blog.livedoor.jp/momo0819/tb.cgi/517061
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/hibiturezurenari/diary/200801140001/7f9a9/

0 Comments

Post a comment