(アニメ感想) ローゼンメイデン トロイメント 第6話 「天使」

「いつか体を清めた私を迎えにきてくれるの・・・一点の汚れもない天使が・・・。」入院中のメグは死に憧れを抱いていた。ある日何かに吸い寄せられるかのように深夜病室から見える廃墟と化した教会へ向かうメグ。「早く連れていって・・・何もない、闇に・・・」祈るメグは祭壇の上に鞄が置いてあることに気づく。その蓋を開けた瞬間、無数の黒い羽と共に何者かが出現した・・・。



rose051209001rose051209002rose051209003rose051209004

最初ね違うアニメを見ているのかと思いましたよ。新キャラメグちゃんの登場ですね。そして、水銀燈の復活です。全国63万人の水銀燈のファンの皆さん良かったですね~。このメグってなんか変わっているしちょっと痛い子ですね。うまく説明できないけどなんかずれてる?まあ、現実にいたら絶対話し合わないだろうなこの子とは・・・。ところで、なぜか水銀燈は前に真紅に倒されたことわ覚えていないようです。裏で糸を引いているのは薔薇水晶で間違いないと思うのですが何か理由があるのでしょうか?しかし、こんな病弱な子がマスターなんてもう鬱展開必至ですな。リリカルなのはよりキツイかもね・・・。

復活を果たし街を徘徊する水銀燈。しかし、そこで水銀燈は奇妙な感覚に囚われる。一度も来たこともない場所であるのになぜか覚えている・・・。そして鏡の世界で水銀燈は全ての過去を想い出すことになる・・・薔薇水晶の導きによって・・・。

なんか、水銀燈好きだわ・・・今回微妙に性格変わってきたし、そのうちメグとの絆も深まっていくのでしょうか?1クールですから大変でしょうけどこの二人の関係を堀下げていって欲しいですね。でないとアリスゲームの悲壮感は演出できないと思います。

真紅の夢の中に再び現われた水銀燈。真紅は彼女が幻ではなく本物であることを認識する。水銀燈を見た真紅の反応は意外なものだった、彼女の無事を知って涙ぐみ「良かった水銀燈」と話す辛真紅。さらに水銀燈に「あなたの事をジャンクなんて言って悪かったわ」と謝罪する彼女に内心とまどう水銀燈。取り敢えずその場は戦わずメグの元へ・・・。

やっぱり、水銀燈の中で何か変化があったみたいですね。真紅に破れそしてメグとの出会いが彼女を変えるきっかけを作るのでしょうか?なんにせよ、今回彼女が大活躍(?)しそうですね。最後メグに「ジャンクなんて言うものじゃないわ・・・」とお説教する場面は私は大好きですね。これで、アリスゲームは本格化するでしょうけどこれからの展開は目が離せそうにないですね。それにしても今回はジュンや雛苺の出番が本当になかったな・・・。

rose051209006

Rozen Maiden(3)

0 Comments

Post a comment