(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第18話 「悪意の矛先」

機動戦士ガンダム00 2




新たなガンダムによる武力介入は一方的な破壊活動だった。刹那はその在り方に疑問を抱く。そんな中、王留美は新たなガンダムマイスターたちの動向とその存在について確認するため、アレハンドロとコンタクトを取る・・・。おっかしいなあ~・・・あれだけ変態呼ばわりされていたグラハムが、トリニテイが登場してからというもの、随分とかっこよく見えてきちゃったよ(苦笑)。

ガンダム襲撃により、亡くなった部下の墓前で強い決意を固めるシーンなんて、悲壮なる男の覚悟を見たようで、妙に肩入れしたくなった。

結局、それだけ新ガンダムが「悪らしく」描かれているということであって、もちろんそれが、製作者の意図しているところなのは言うまでもありません。

それにしても、トリニティの一方的な蹂躙には、仲間であるはずの刹那達も眉をひそめるばかり・・・。

その行動には、一体感を持つどころか反発心のみが募る彼らは、それがCBの理念に沿ったものではなく、何者かの別の意志によってなされている所業ではないかという疑いを持ち始めます。そこでのスメラギの見解は、誰かがヴェーダをハッキングしたのではないかというもの。

機能的には旧ガンダムと同じではあるが、スローネのGNドライブにはそれらとの相違点が見受けられました。それは、擬似太陽炉というべきもの・・・・何者かがCBの技術を盗み、ガンダムを建造した。太陽炉のデータは、ヴェーダの中にしか存在せず、つまりはハッキングによって引き出されたとしか考えるのが自然ではないかと、言うことなのです。

さてこれまで、血なまぐさい戦闘の世界より、隔絶されたような場所で繰り広げられていた沙慈達の日常。

それはもちろん、我々の視点に近いものでありましたが、ここでそれにも大きな変化が訪れようとしてました・・・。スペインの知り合いの結婚式に、両親と出席していたルイス・・・そして事件は起こったのです・・・。

・・・ああ、なんと言えばいいのか・・・確かに、初登場時にも、その個性の強さは際立っていましたが、ここにきてその狂いっぷりに一気に拍車がかかったとしか言いようがありません。

世界の大きな動きの中で、まるでそこだけ異空間であるかのように(少なくともネーナにはそう見えたのでしょう)、のどかに流れる時間・・・。

自分は、忙しく戦いに駆りだされていると言うのに、許せない・・・ただそれだけの理由で、少女はそのトリガーを引いたのです。

まさに、ドエラいことをネーナはやってくれた!!そもそも、彼らは戦争根絶という崇高なる使命の元、動いていたのではないのか?それはもはや、ただの暴走としか映らなかった・・・。


沙慈は、ニュースを聞きつけ急いでスペインへと飛ぶ、ルイスの入院する病院へと向かうために・・・。

だが、駆けつけてみれば、そこには元気そうな彼女の姿があった。ほっと胸をなでおろす沙慈。そして彼は、以前にルイスが欲しがっていた指輪を渡した。自身の胸のうちに抱いていた想いの告白とともに・・・。

だが、それに対するルイスの反応は予想に反するものであった。瞳よりこぼれ落ちる涙・・・次の瞬間、沙慈は大きな重大な事実を知ることになる・・・。

ルイス以上に、沙慈の受けたショックの方が大きかったように見えましたね。普段も流れるニュースで、その動き把握していたものの、どこか他人事のように感じいてた・・・それが、身内に起こった悲劇により、初めてその重大を知ることになった・・・そんなところでしょうか。

しかし、最後に沙慈の流した涙・・・。彼が抱いている、その悲しみの深さには深く共感するものでありました。怒りを感じるかい?悲しみを感じるかい?・・・それをどう受け止め、沙慈は動き出すのだろうか・・・。


驚いた!!・・・トリニティ兄弟がユニオンの基地を襲撃した時のこと・・・疾風のごときスピードで迫る一体の機体が現われた!!グラハム・エイカー操るユニオンフラッグだ!!!

今日の俺は、阿修羅すら凌駕する!!!」 なるほど、今のグラハムは確かに神かがり的だと言ってもいい。何せその気迫は、あの冷静なヨハンをも退かせるほどだったのですから・・・。機体の性能差がどうした?それはパイロットの腕でも経験でもない!気迫で乗り越えるんだ!!・・・なるほど、精神論を持ち込んできたか。これは、リアルロボットの皮を被ったスーパーロボットなのかもしれない・・・(苦笑)。


そして、手傷を負い、帰還するトリニティ達の元にまたもや立ちはだかった者がいた・・・。そう、それは激しい怒り・・・世界への裏切りは今、最大限の怒りをもって示される!!ガンダムエクシアが現われた!!!


いやあ~、今回はあまりにも色んなことがあり過ぎて・・・まるで嵐のように過ぎ去った30分でしたね。

まず、ルイスの件についてですが、やはりこれは今後、沙慈が刹那達へと積極的に関わることになるであろう、一つの大きな転機と見るべきでしょうね。まあどのような形で関わるのかは不明ですが、ただまさかMS乗りになるって事はあり得ないでしょうね。

そして、トリニティ達の行動ですが、あれは明らかにやり過ぎです。あのような一方的虐殺は、人々の心にに大きな遺恨を残すことになるだけで、しかも民間人をも狙ったテロ行為は卑劣としか言いようがない。

大きな怒りと恐怖によって人々を一つにすると言う理念も、理解出来ないわけではないですが、今のままでは破壊と殺戮によって、人々を無力化しているだけとしか映りません。

そんな中で、早くも刹那がその怒りをぶつけようとしていますが、この行動も少々短絡的ではありますね。

いや、話しの流れとしてみた場合、その前にルイスの悲劇があり、そこより視聴者の抱いた大きな怒りと同調するかのような刹那のあの行動には、激しくひきつけられるものはありましたけどね。

盛り上がりどころは演出できたとは思います。そう、あの瞬間彼は「空気」から卒業したのです・・・。


次回の展開には興味津々ですが、早くも刹那とロックオンの間で一悶着ありそうな気配・・・。CBから離脱して王女にもう一度夜這いかけてみる?(苦笑)


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第15弾をアップ!!>
大変遅くなって申しわけございません。ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第15弾」をアップしたしました。今回も、女性パ-ソナリティとの楽しいOPトーク、そしてアニメやゲームについて深く濃く語り合っております。
マイユア、スケッチブック、ダカーポ2、グレンラガン、捨てプリ、姉萌え、そしてレトロゲーム紹介、クイズショタオネアもあるよ 皆様今年も「ピッコロのらじお♪」をよろしくお願いいたします。
アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第15弾」

<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンタム00、クラナド、狼と香辛料、ロザリオとバンパイア、君ある、H2O、さよなら絶望先生、ペルソナ、true tears 、シゴフミ、バンブーブレード、ハヤテのごとく、みなみけ等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

機動戦士ガンダム00 (1)


ガンダム00(ダブルオー) - livedoor Blog 共通テーマ

http://zilo.blog91.fc2.com/tb.php/248-c5d388fd
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154714/40067930

0 Comments

Post a comment