(アニメ感想) 俗・さよなら絶望先生 第9話 「一人より女夫の方がええいうことでっしゃろ/奥の抜け道/絶望ファイト」

俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】




正月に悪いTVを見たせいで影響され、ボケには突っ込みを入れねばと暴れ始めたマリア。望がそれを止めようとすると、彼女は他の人に突っ込みを入れると授業抜け、外へと飛び出していった。それを追いかける望達・・・そして、そこには正月ボケの人達に激しい突っ込みを入れるマリアの姿があった・・・。まるで、理解していない・・・ボケとは突っ込みありきの職業なのだ・・・

正月番組で目覚めたというマリアの突っ込み・・・。本人に悪意はないのかもしれないが、その激しすぎる突っ込みはまるで容赦がない。まあ、子供は天使というけれど時には悪魔となることだってある・・・マリアの悪意に満ちたような笑いは、そんな恐怖を思い起こさせるものになった・・・。

で、突っ込みまくるマリアに、千里がそれを阻止してくれるのかと思っていたら・・・なんと、世の中にはもっと突っ込むべき対象がいると、煽りやがったよ!

例えば、時差ボケ、ピンボケ、あるいはボケナスなど・・・えっ?ボケナス!?確かに、ボケは入っているが・・・いや、そもそもボケナスとは何なのか?と考えてみても答えは見つからず・・・。

それはともかく、カエレとぶつかったメガネハゲが「突っ込みナス」とマリアの突っ込みを受けることになった・・・ところが、このエロガッパは困ったことに、このナスをどこに突っ込むのだ?と問いやがる・・・何を言ってるんだお前は?そのナスは、お前の第3の穴にでもくれてやるぜ!!


それは一つの衝撃・・・なんと彼女はその世界で生きる術を身につけていたのだ・・・

相変わらず突っ込むべき対象を探し続けるマリア・・・そして、TVに映る彼女の姿を目撃した。彼女は天然ボケだと人から言われている。ボケなのだから、これは突っ込まなくてはならない・・・マリアは彼女の前に姿を見せた。

天然ボケはいい加減にしろ~!!」マリアの鋭い突っ込み、ところがここで彼女から予想外の反撃を受けてしまった。「計算でやってんだよ!」・・・恐ろしい顔、その瞬間マリアは「天然ボケ」が決して触れてはいけない芸能界の闇であることを思い知ったのだった・・・つまり、彼女は天然ボケではなかったと・・・乙!!


どうしてあなたはいつもそうして、彼女達を煽るのか・・・

最近たるんでいる生徒達に、抜き打ち検査を実施すると宣言した糸色先生・・・。いやその前に、カエレのずれ下がったスカートのせいでパンツ丸見えになっている件については、誰も突っ込まないのか・・・。

ちなみにこれはただの抜き打ち検査ではない・・・人間が見せる一瞬の油断、その抜けた状態に実施してこそ、それは真の抜き打ち検査と呼べるのだ!!

というわけで、最近はすっかりいいコンビプレイを見せてくれている千里とマリアが抜き打ち検査を開始した。

これはヒドい・・・プライベートのマヌケ顔の数々。24時間気を張っていないといけないなんて、そんな苦行が続くもはずもない。

だが、果たしてそんな隙のない人はいないのか!?・・・否!!実は決して隙を見せない人がこの学校には存在したのだ。甚六先生は、いかなる時もマヌケショットを許さない。例えカメラを向けてもあの早業・・・。

なるほどかつて極道の世界にいた彼にとって、一瞬の油断が命とりとなるわけだ。そうした警戒心は、今もまだ染み付いているということか・・・この人、昔は相当の手錬だったに違いない。


なるほど、この世はどじっ娘で溢れているということなのである。それもまたこの世界の真実だろう・・・

いつものように可符香が始める・・・抜けている人なんて、この世界にいるわけがない。それはどじっ子アピールなのだと・・・。

確かに、どじっ子ならばどのような失敗でも許されるという風潮がある。ただし・・・それに作為的なものを感じてしまうと、ドン引きなわけですが・・・どうやら千里にはそのことが理解出来てないようである。

可符香からどじっ子のすすめを説かれ、すっかりその気になった千里は早速、糸色に向かってどじっ子アピールを始めた。バケツの水を転がしたり、料理を焦がしたり・・・ただそのどれもが、糸色に対しての軽い殺意を感じてしまうのは、可符香の黒い策略によるものに違いない。

もう千里ちゃんったら、どじっ子なんだから」・・・不気味な笑みを見せ、そう呟くあの可符香の表情が気になって今日は眠れそうもない・・・。

ちなみに人違いで千里に刺された糸色先生は、病院でこれまた勘違いにより毒物を注射されて絶命したそうな・・・恐るべしどじっ子!人を殺しても「てへっ」の一言で万事解決さ!!


さて、今回も本編意外では色々と遊びが多かったですが・・・絶望ファイトはウルトラファイトのパロかな?独特のナレーションもいい味を出していたし、オチに人食とは・・・なんともこの作品らしいものでした。

後は、ギャートルズのオマージュも散りばめられていて、その世代のファンにはたまらないものがあったと思います。あのマンモスの肉がうまそうで当時は話題になったものですが、それも見事再現!まあ、人肉もありましたけどね・・・(苦笑)。

そういえば、こなた、かがみ、つかさの姿も見えたが・・・ヤバイって自覚はあるのですね(苦笑)。まあ、ラストも近いですし、これからも訴えられない程度に暴れてもらいますかね。次回にも期待!
<ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第16弾をアップ!!今回はガンダム特集!!(08/02/25更新)>
相変わらず遅くなって申しわけございません。ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第16弾」をアップしたしました。今回は「ガンダム特集」でございます。16話放送時点での、ストーリー、キャラクター、メカ考察など、様々な面から語っております。
また、女性パ-ソナリティとの楽しいOPトーク、そしてアニメやゲームについて深く濃く語り合っております。
今期のアニメ評価、狼と香辛料、TRUE TEARS、シゴフミ、ペルソナ、ARIA、みなみけ等、そしてレトロゲーム紹介、クイズショタオネアもあるよ。興味のある方は是非聞いてみてくださいね。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第16弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンタム00、クラナド、狼と香辛料、ロザリオとバンパイア、君ある、H2O、さよなら絶望先生、ペルソナ、true tears 、シゴフミ、バンブーブレード、ハヤテのごとく、みなみけ等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

俗・さよなら絶望先生 第二集【特装版】


さよなら絶望先生 - livedoor Blog 共通テーマ

http://blogs.yahoo.co.jp/luisamajp/trackback/810884/52287523
http://app.blog.livedoor.jp/deo913ogstxd/tb.cgi/54992593
http://app.blog.livedoor.jp/hitorigoto_blog/tb.cgi/50471469
http://d.hatena.ne.jp/deruriasu/20080303/1204553786

0 Comments

Post a comment