(アニメ感想) 舞-乙HiME 第10話 「それが乙女の一大事」

前回はタイトルどおりお約束満載かあ~!?と思われたのですが思わぬ肩透かしを食らわされました。まあ、スタッフの狙いだったのでしょうけど。今回も色んな意味で楽しみですねw。それでは今回もプッチャンたちにお願いします。では~!



mai051213002mai051213003mai051213004mai051213005

プッチャン「オッス!俺プッチャン!!みんな元気にしてかぁ~?」

プッチャン「今日も、プッチャンとその愉快な仲間達を紹介するぜぇ~」

奈々穂  「誰が愉快な仲間達だぁ!!・・・オホン、極上生徒会副会長の金城奈々穂だ。よろしく」

久遠   「同じく、副会長の銀河久遠です。よろしくお願いしますわね」

小百合  「前回に引き続き登場の飛田小百合だ。よろしく」

奈々穂  「ところでこのアニメか?噂の・・・」

プッチャン「ああ、エロエロでグチュグチュだぁ~!」

奈々穂  「エ、エロいセリフ禁止!!」


久遠   「このアニメの事は調査済みですわ。思わぬきっかけで、オトメ学園「ガルデローベ」に入学したアリカ・ユメミヤが繰り広げる珍騒動・・・ですわね」

プッチャン「さすが、隠密。このアニメの情報はバッチリだな」

奈々穂  「なんか、ちが~う!!」

小百合  「うむ、ユリユリを忘れている・・・」

久遠   「あら、私としたことが・・・そうでしたわ。オトメは殿方と関係を持つとその力を失う。よって女性が女性に憧れると言う傾向が顕著に見られるのがこの学園でしたわね?」

プッチャン「まさしく、小百合ワールドだな」

小百合  「何!?私がどうかしたのか?」

奈々穂  「もういい・・・早くこのアニメの話しを進めよう」

mai051213006

プッチャン「前回、アリカがアスワドのサイボーグに襲われて崖から転落したって話しだったなぁ」

奈々穂  「ああ、だがたまたま通りかかったボートに乗ったセルゲイに助けられたな。ボートは破壊されたが・・・」

プッチャン「まあ、いいところで助けに来るのはヒーローの証だなぁ。セルゲイもやるじゃねぇか」

久遠   「だけど、アリカさんが行方不明になったおかげで試験は急遽中止となり、学園関係者はアリカさんを捜索中・・・」

小百合  「あっ、笑った・・・」

プッチャン「トモエだな。アリカ行方不明の話しを聞いた密かに笑ったぜぇ?」

奈々穂  「いけ好かない女だ。何を企んでいるんだ?」

mai051213007

久遠   「ところで、アリカさん達ですがどうやら、古びた小屋で一晩過ごすみたいですわ」

プッチャン「何ぃ~!?若い男女が二人っきりで一夜を過ごすだとぉ!!こりゃ、何も起きないほうが不思議だなぁ~」

小百合  「あっ、抱き合ってる・・・」

久遠   「あらあら」

奈々穂  「あらあら禁止!!」

プッチャン「体温で暖めているだけだろ?何赤くなってんだぁ?意外とうぶなんだなぁ?」

奈々穂  「ウ、ウルサイ!!あらあらも、エロいセリフもメガネもみんな禁止だあ!!」

小百合  「なぜメガネまで・・・orz」


mai051213008

久遠   「ところで、アリカさんが目覚めたみたいですわよ。裸でセルゲイさんに抱きついてたので誤解してますけど。うふふ」

奈々穂  「ま、まあ若い女子が男に裸を見られたんだ当然の反応だな」

プッチャン「それにしても、粗末なものって・・・まるで誰かさんみたいだなぁ?」

りの   「ひ、ひどいよ~!プッチャン貧乳だなんて!!ワタシまだまだ成長中だもん!!!」

プッチャン「分かったから、出てくるなぁ!話しがややこしくなるってんだろぉ?オラァ!」

りの   「ぐはっ・・・」

奈々穂  「む、むごい・・・」

小百合  「南無・・・」

mai051213009

久遠   「そんなこと言っている間に、セルゲイさんとアリカさんがピンチですわよ?」

プッチャン「アスワドに見つかったな。セルゲイはアリカを守ろうとしているが正直多勢に無勢だぜぇ~?」

小百合  「あっ、暴走女!」

奈々穂  「ハルカか!!」

プッチャン「ニナとシズルもピンチに駆けつけたな。くぅ~!シビれる展開だぜぇ~!!」

mai051213001

奈々穂  「しかし、あの頭領のミドリって女やるな。生身でマイスターハルカの攻撃を受けとめたぞ!」

久遠   「でも、さすがシズルさんですわ。ミドリさんと互角いやそれ以上の力・・・」

小百合  「見事に追い払った・・・」

プッチャン「ああ、だがなあ誰もハルカに突っ込み入れない気なんだなぁ~?」

mai051213011

奈々穂  「色々あったが、これで事態は治まったわけじゃない。これが始まりなのかもしれない・・・」

久遠   「ええ、ナギ殿下も何かを企んでいるようですわ。残念ながら隠密もそれが何かは掴めませんでした・・・」

プッチャン「まっ、どっちにしてもこれから面白くなるってもんだな。次回を楽しみにしておこうぜぇ~?」

奈々穂  「フッ、人形、めずらしく意見があったな。私もそう言おうとしたところだ・・・」

久遠   「うふふ、あらあら」

プッチャン&奈々穂「あらあらとウフフ禁止~!!」

小百合  「なんだこのオチは・・・orz」

mai051213010

舞-乙HiME 1 (1)

0 Comments

Post a comment