(アニメ感想) ラムネ 第10話 「フォークダンスとかさなる心」

ラムネもいよいよクライマックスにさしかかりました。萌えアニメであるのになぜか感想を書いているブログが少ないわけですが正直寂しかったです。ここまできてもいまいち盛り上がらなかったというのが正直な感想ですね。



lamune051213001lamune051213002lamune051213003lamune051213004

さて、今回は本当に書くべきところがあまりなかったです。ツーリングに行った七海と建次ですが、途中でバイクが動かなくなって仕方なく近くの宿で一夜を過ごすことに。しかも、なぜか二人一緒の部屋しか空いてなくて同じ部屋で一晩を過ごすことになります。が、ここで何も起こるわけもなく夜部屋を抜け出してお外で校外学習で踊れなかったフォークダンスを二人で・・・そして熱い抱擁とそんな内容でしたね。

はっきり言って、裏主人公である佐倉さんが引っ越すお話しをラストに持ってこればいいのにと思います。別に七海と建次の関係なんて進展しなくてもいいんじゃないかなと個人的には思うのですけどね。友達以上恋人未満の関係が一番面白いわけで、いやそれに二人には幼馴染で誰も割って入れないような絆があるわけでここで急がなくてもじっくりとこのアニメらしくマッタリと育めばいいじゃないかなと・・・。

ただ、一つ気になったのは佐倉さんが建次の幼馴染として生まれていればみたいなニュアンスのことを言ってました。ただ、単に幼馴染として家も近所で絆が深いから惹かれあうのではなくそれとは別の何か、例えどこで出会っていても結ばれていたという何かをこれから証明しないともうこのお話しは破綻していると私は思います。でないと何を見せたかったのか?ただ、幼馴染のノロケをだらだら描いていたのか?と・・・。とにかく、ラスト2話には何を見せてくれるのか期待してます。それにしても、今回はひどい作画でした・・・。

lamune051213005

ラムネ~ガラスびんに映る海~(初回限定版)

0 Comments

Post a comment