(アニメ感想) エンジェル・ハート 第11話 「父娘の時間」

退院を間近に控えたグラス・ハート。しかし、そのカルテには名前がありません・・・。一方、グラス・ハートとともに新宿に残ると決めた信宏は海坊主の元で暮らすことに・・・。



angel051214001angel051214002angel051214003angel051214004

海坊主の「客が増えればウザイだろうが!」にはワロタ。海坊主は相変わらずですね。しかし信宏は序盤で死ぬと思ったのですけどレギュラー化するとは・・・正直ウザイと思ってたのですが(なんかリョウと顔が被ってるし)まあ、悪い子じゃないみたいなのでいいかな。やっぱり、これから海坊主に仕込まれるのですかね。海ちゃんの師匠っぷりを堪能させて貰いますかね。

自分に名前のないことですっかり落ち込んでしまうグラス・ハート。それを見かねた信宏は思わず李大人の付けた名前「シャンイン」を口走ってしまいます。信宏は冴羽が付けた名前だとごまかしますが、名前の意味を聞かれた冴羽は・・・。

angel051214005

すっかりパパになったんですねリョウは。シャンイン(なんかこの名前言いにくい)もパパってはっきり言ってるしパパと娘の関係って言うのもなかなか面白いと思います。これから二人で仕事をこなしていくのでしょうか?親子で最強のコンビですね!

リョウの計らいにより台湾へと帰ってしまう前にせめて少しでもシャンインとともに同じ時間を・・・と言うことで李大人に新宿の街を案内するシャンイン。冴羽はシャンインに「お前が知っている一番いいと思う所へ案内してやればいい」そう言って送り出したのでした・・・。

娘のことを思ってはいるのですがどことなくぎこちない李とマイペースのシャンインのやり取りが面白かったですね。娘をとても愛しく想いながらも自分が何者かであるかを明かせない李の心情がよく表われていたと思います。見ていて何となく感傷的になるシーンが多いのがこのアニメの特徴ですね。少し寒々しいけど活気がある乾いた都会新宿を舞台にこれからも、ハートフルなお話しが展開されていくのでしょう。ここからが本番ですね。

angel051214006

エンジェル・ハート 17 (17)

0 Comments

Post a comment