(アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第22話 「影二つ」

CLANNAD 5 (初回限定版)




ついに学園祭当日がやってきた・・・しかし、渚を表情は晴れない。自分のため、夢を諦めざるをえなかった両親に対しての罪悪感に、渚は今もなお苦しんでいた。そんな彼女の側にいて励まし続ける朋也・・・。そして、いよいよ舞台が開幕した・・・。2クールに渡って放送されたクラナドも、いよいよ今回で最終回を迎えました。終わってみると、長かったような短かったような・・・様々な場面が思い起こされますが、今回は総評も加えた形で、感想を記していきたいと思います。

父親と母親の夢・・・それを諦めたところに、今の渚の夢がある。渚は迷いの中にありました。特に、「演劇を愛し、生涯演劇に生きる」と話していた父親の言葉は、彼女の心を大いに締め付けていたのです。

そして、本番になってもその迷いは消えず、ついには舞台上で泣き出してしまうという失態を演じてしまいまます。仲間達がすぐに幕を下ろすよう指示する中、最後まで渚を信じようとした朋也・・・しかしここで、意外な人物が助け舟を出すことになるのでした・・・。

それは今回、一番の盛り上がりを見せたシーンであったことでしょう。父親が自らの夢の全てを娘へと託すと明言する場面・・・。実は、秋生と朋也はどこか似たところがあるという描写が、これまで何度かなされていましたが、ここにきて二人の抱えるその想いが、奇妙な一致をみたのです。

朋也も渚へとその夢を託していました。彼女と関わることで共に見られた夢・・・そしていつしか、この渚をこの舞台で輝かせることが彼の目標となっていったのです・・・。


クラナドの大きなテーマとして「家族」というものか挙げられます。それは小さな共同体でとしての「家族」という意味だけではなく、人と人とが繋がりやがてそれが大きな広がを持つという意味での「家族」でもあるわけです。

渚を中心に集まってきた仲間達というのが、まさにそれを示していますね。そして、人と人が繋がるということは、同時に想いの伝達もなされといるということなのです。

想いの受け継ぎ・・・まあ、秋生と朋也の場合ですと「託す」という言葉を使っていましたが、それも人の繋がりがもたらす作用と言えるでしょう。

ただ、なんと言いましょうか、昨今は「子供に自分の夢を託すべきではない、子供と親は違うものであるし、それは子供の負担となる」なんて言葉もよく聞かれますし、また朋也の「俺達の出来なかったことを・・・」という言葉もやや押し付けがましい気もしないでもないですね(苦笑)。

しかし、秋生はこれまで演劇をしろと渚に強いてきたことはないですし(色々あって隠していたという理由もありますが)、それは彼女自身が自発的に目指したものであったことは間違いないでしょう。

朋也にしたって、あのセリフだけを聞くと、まるで渚の夢に依存しているダメな男ですが、決して彼女の夢にすがっているだけではなく、自身も動き、努力したその結果が、こうして多くの仲間達を動かし、また渚の舞台を作り上げることを成功させたという事実を見逃してはならないでしょう。

それこそが、朋也の成長と言えます。また、渚もそれに引っ張られる形で成長あり。、それは決して不健全な相互依存ではない、互いが高められる関係であったという何よりの証明になっていると思います。

まあこのようにして生まれた強い絆が愛を生み、最後に朋也の告白があったというのは、自然な流れのような気もしますが、どういうわけか、少し強引に感じてしまったのは残念・・・。

恋愛物語でもある以上、ある程度恋の決着をつけなくてはならないというのは分かります。しかしなんと言うか渚は朋也のずっと側にいたためか、もはや家族に近い存在になっていたのですよね。

そのせいなのか、いまいち新鮮なトキメキというものがあまり感じられなかった・・・むしろ今さら感が強いと言えばよいのかな?ああ~これも家族をテーマとした弊害か・・・。


ところで、この作品は朋也の物語でもありました。私はこれまで何度か、朋也は色々な女の子と関わり彼女達に世話を焼くのは、自身もそれによって救われたいからだと話してきました。実際、最初に比べると彼は大きく成長したように思えます。

自分の叶えられなかった夢・・・だから渚に夢を託し突き進むという、その代替行為は彼の心に良く作用したのでしょう。だ、問題はここからで、彼には父親との関係の修復という重大な作業が待っていたわけです。

心理学の世界では「父親殺し」と言葉がありますが、それ具体的に言うと父親を乗り越えることで、真の自立を目指すというものです。朋也の場合もまさにそうで、彼の中では父親の存在が大きな壁として立ちはだかっているように思えました。

ですから、今の成長をもって父親と真剣に向き合う・・・と言う場面があってこそ真の彼の成長を描けると思うし、物語としても収まりがいいはずなのです。

だ、残念ながら今回父親との対話場面に時間があまり割かれませんでしたし、あれだけでは決着がついたとは言えないでしょう。ここはとても期待していただけに残念でありました。


ところで、幻想世界についても結局は明かされずじまいでありましたね。これは単純に、がらくたの人形を朋也、女の子を渚と見ればいいのでしょうかね?

確かに、女の子に命を吹き込まれた存在というのも、くさっていた朋也が渚と出会い、生き生きし始めたという意味では共通しているように思えます。

また、人形が話す「昔ボクがいたにぎやかで温かい世界」というのはかつて温かかった家族、そして希望を持てた社会という風に捉えられますね。

ボクは彼女の側にいよう。そしてボクは出ていくんだ・・・」というセリフも、渚の側にいて演劇部復活を目指し努力したことで、開けた世界という朋也の状況を示唆しているようにも思えます・・・さあ、実際はどうなのでしょうか?


さて、噂では2クール+2クールなんて話しもありましたが、結局は2クールのみの終了となりましたね。やはり、2クールでは色々と厳しいものがあったか・・・風子編で力が入っていただけに、どうにもことみ、智代、椋、杏と徐々に尻つぼみになっていった感は否めません。

また最終回を迎え、テーマであった「繋がり」や「受け継ぎ」という部分に関しても少し薄くなってしまったかな?と思います。

なんと言うか、あまりにも演出しようという意図が強すぎて、一つの一つの場面に自然さがなく、それが感動に結びつかなかったのもマイナスになっていた気がします。

興味深いテーマだと思ったのですが、結局はギャルゲーにありがちな、女の子達・・・最後は渚の物語で終わってしまっていたのは残念でした。それでも、丁寧な作画や細かい描写はさすが京アニと言えるものでしたね。ここに関しては他の追随を許さない、全体的に高レベルな仕上がりとなっていたと思います。

次回はアフターでしょうか?まあ、色々と期待したいですが・・・全編ネタ回かな?もう暫く、クラナドの世界に浸れそうです・・・。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第16弾をアップ!!今回はガンダム特集!!(08/02/25更新)>
相変わらず遅くなって申しわけございません。ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第16弾」をアップしたしました。今回は「ガンダム特集」でございます。16話放送時点での、ストーリー、キャラクター、メカ考察など、様々な面から語っております。
また、女性パ-ソナリティとの楽しいOPトーク、そしてアニメやゲームについて深く濃く語り合っております。
今期のアニメ評価、狼と香辛料、TRUE TEARS、シゴフミ、ペルソナ、ARIA、みなみけ等、そしてレトロゲーム紹介、クイズショタオネアもあるよ。興味のある方は是非聞いてみてくださいね。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第16弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンタム00、クラナド、狼と香辛料、ロザリオとバンパイア、君ある、H2O、さよなら絶望先生、ペルソナ、true tears 、シゴフミ、バンブーブレード、ハヤテのごとく、みなみけ等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

CLANNAD 4 (初回限定版)


CLANNAD -クラナド- - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.blog.livedoor.jp/greenhigh13/tb.cgi/51143665
http://d.hatena.ne.jp/hibino-no/20080323/p1
http://d.hatena.ne.jp/yamaman/20080322/1206184452
http://blogs.yahoo.co.jp/freedom8459/trackback/618646/40772398

0 Comments

Post a comment