(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第24話 「終わりなき詩」

機動戦士ガンダム00 4




ユニオン、人革連、AEUの軍事同盟によって結成された国連軍。彼らのソレスタルビーイングに対する切り札は謎の人物から提供された30機の超性能MS・GN-Xだ。スローネと同じGNドライブを搭載しており、ガンダムに対抗できる基本性能をもっている。ソーマ・ピーリスのようなすご腕の戦士が操るGN-Xの戦闘力は時としてガンダム以上だ。数の差もあって、刹那たちはGN-Xに追い詰められ、傷ついていく。それでもマイスターたちは戦いつづける。まるで、ともし火が最後だけひときわ明るいように、刹那の、アレルヤの、ティエリアの、そしてロックオンの思いが、深い闇の戦場に光り輝いていく・・・。前回、ロックオン死亡がネット上では大きな話題となりましたが、今回も相変わらず容赦のない展開・・・どうやら最終回まで少しの気の抜けない展開の連続となるようですね・・・。

何とか敵を退けたものの、それぞれの機体の消耗は激しく、依然油断出来ない状態にあるソレスタルビーイング。しかしこの状況下でティエリアは、CBの力を誇示するためにと、次の作戦プランをスメラギに要求します・・・。ロックオンの死を無駄にはしたくない・・・それはティエリアのみならず、全てのマイスターに共通する想いであったのです。

そして、他のクルーも同じ想いでありました。亡くなった両親とロックオンに手紙を書くと話すフェルト・・・それは決して死を覚悟したための行動などではなく、生き残ることを決意した故の行動・・・そんなフェルトの力強さに影響を受け、他のクルー達も決意を新たにし、顔を上げるのでした・・・。

なぜ、彼らがソレスタルビーイングに入ったのか?もちろん、それはヴェーダに選ばれたからなのですが、刹那達マイスターや今回のクルー達の話しを聞いていれば分かるように、それぞれが過去の暗い記憶というものを抱えています。

ヴェーダはもしかすると、彼らの世の中に対する反発心というものが、力の原動力となると分析し選別していたのかもしれませんね。

ただ、守秘義務があったせいもあり、互いの過去を知らずにいたせいか、どうにも仲間同士の一体感というものに欠けていた気がします。

実際、ロックオンの告白(過去の話し)によって刹那やティエリア互いの理解を深めることが出来たわけですし、フェルトやクリス達ももっと早い段階でそうした場面があれば、キャラ立っただろうに・・・その部分においては残念でありました・・・。


さて、突如出現したモビルアーマー!!これを合図に、国連軍のCBに対する攻撃が開始されます。なるほど、国連軍の用意した援軍とはこれでありましたか・・・擬似太陽炉を搭載し、しかもそこに搭乗していたのがアレハンドロだったとは!!・・・。


それぞれが因縁の相手と決着をつけるべき戦い・・・しかしその結末はあまりにも残酷で悲しいものとなってしまったのです・・・。


確か、ロックオンがティエリアを庇ったのはコーラサワーからの攻撃でしたね。あの負傷によりロックオンの運命は大きく変わってしまった・・・そういう意味ではティエリアにとってコーラサワーは復讐すべき相手であったと言えるでしょう。

だが・・・主要人物であるティエリアと相撃ちとは、コーラサワーも出世したものだ・・・。ただのでおち芸人ではない、俺はガンダムマイスターのライバルなんだあ~!!という気概を最後に見せてくれましたね(苦笑)。

でも死んでしまうなんてビックリですよ~・・・サワーだけは死なないと高をくくっていただけに、正直ティエリア撃沈よりも衝撃だった・・・サワーよ永遠なれ・・・まあ、来期辺りであっさり生き返ってしまうという展開も十分に考えられますけどね(汗)。

そして今回最大の見せ場はやはり、クリスとリヒティの死でした。あの時クリスが嘘をつき、スメラギ達のいるコンテナへとフェルトを向かわせたのは、危険を察知したからなのでしょうね。

もちろん、彼女も最後の最後まで足掻いてみるつもりだったのでしょうが、それは死を覚悟しての行動だったに違いない・・・。そしてそんなクリスを庇い重傷を負ってしまったリヒティ・・・。彼の体の半分は機械の体であったわけですが、この事実ははもしすると腕を失ったルイスがもう一度復活できる可能性を示していたのかもしれませんね。

静かに目を閉じるリヒティ・・・ところが、その体を強く抱きしめ涙を流すクリスも実は大きく傷ついていました。彼女は最後フェルトに、「ロックオンの分まで生きて欲しい」と告げると、戦艦の爆発と共にその命を散らしていったのです・・・。


世界の変革を見ることなく、次々と消え行く仲間の命・・・そんな中で、刹那は生じてしまった世界の歪みの権化とも言える存在と、対峙することになりました。

まあ、これまで何度も彼は重大な見せ場でエクシアと共に登場し続けてきたわけですが、やはり最後は刹那が主人公らしく締めてくれそうですね。ただ、次回予告ではエクシア散る・・・とあったので、もしかすると・・・という展開も待っているやもしれませんが・・・。

今回はこれまで、刹那以上に空気であったクリス達の過去話しを織り交ぜることで、どうにか最後の死の悲劇のドラマに形がついたかっこうとなりましたが、このように登場するキャラへの理解が深められないうちに(名前さえも覚えられていない状態)、次々と繰り広げられる死には、もはや意味を持たられず、なかなか感動に結びついていないのが現状です。

本編のストーリーにしても、演出ありきの展開を連発しているせいか、いまいち何がしたいのか把握しづらくなっているような気がします。

正直、この戦いがどのような形で決着するのか想像もつきません。我々の想像を越えるような結末が用意されているかもしれませんし・・・もう何が起こっても驚きはしませんよ。

とにかく、刹那が自身と世界とどう向き合っていくのか・・・そこには注目したいですね。次回にも期待!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第16弾をアップ!!今回はガンダム特集!!(08/02/25更新)>
相変わらず遅くなって申しわけございません。ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第16弾」をアップしたしました。今回は「ガンダム特集」でございます。16話放送時点での、ストーリー、キャラクター、メカ考察など、様々な面から語っております。
また、女性パ-ソナリティとの楽しいOPトーク、そしてアニメやゲームについて深く濃く語り合っております。
今期のアニメ評価、狼と香辛料、TRUE TEARS、シゴフミ、ペルソナ、ARIA、みなみけ等、そしてレトロゲーム紹介、クイズショタオネアもあるよ。興味のある方は是非聞いてみてくださいね。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第16弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンタム00、クラナド、狼と香辛料、ロザリオとバンパイア、君ある、H2O、さよなら絶望先生、ペルソナ、true tears 、シゴフミ、バンブーブレード、ハヤテのごとく、みなみけ等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

機動戦士ガンダム00 3


ガンダム00(ダブルオー) - livedoor Blog 共通テーマ

http://freedomasblog.blog55.fc2.com/tb.php/269-f9ac7d9f
http://execharmonius.blog121.fc2.com/tb.php/135-513c973e
http://cherrynoir.blog4.fc2.com/tb.php/1092-907d4854
http://tyousinsiteki.blog120.fc2.com/tb.php/172-9f1c543d

0 Comments

Post a comment