(アニメ感想) 灼眼のシャナII 第24話 「守るべきもの」

灼眼のシャナII 第III巻




バル・マスケの狙いは、紅世でしか生まれ得ないもの“徒”を、この世で生み出すことだった。不可能の壁を越えようとする計画の背後に居たのは“探耽求究”ダンタリオン。その狂気とも言える計画を止めるため、シャナたち動き出す。しかし、“千変”シュドナイや“頂の座ヘカテーの守りは堅い。如何にすれば隙が生まれるのか…。激しい戦いの中、シャナとヴィルヘルミナが一筋の光明に気付いたのはほぼ同時だった。そして、シャナたちの反撃が始まる。悠二は、その戦いを時計塔の内部から感じていた。そして、零時迷子を抜き取られた自分に限界が迫りつつあることを知りながらも、走り続ける。守るべきもののために、「僕は僕の戦いをする」と・・・。生み出されようとしている「」。シャナとヴィルヘルミナはこれを阻止するため、シュドナイとヘカテーに戦いを挑む・・・。

ちなみに、徒の心臓部には悠二の零時迷子が埋め込まれているため、この計画を阻止することは、悠二を救うことにも繋がるわけです。

それゆえ、シャナ達の目的はシュドナイとヘカテーを倒すことにはあらず・・・というわけで、ヴィルヘルミナとの見事な連携プレイによって、シャナは時計塔の内部への潜入に成功するのでした・・・。

一方の悠二も、「自身の戦いをする」と決意、その場所へと向かっていました。守るべき人がいる・・・それはこの街を守るということにもなり、その大きな勇気は、彼から恐怖心を消し去っていた・・・。

そして、悠二とシャナは再会を果たします。消えかかろうとしているその姿・・・しかし悠二は「大丈夫だよ」笑顔で言いました。それは決して強がりなどではなく、シャナと共ならば大丈夫だという、安心感がもたらした笑顔でありましょう。

また、シャナもそんな悠ニを一緒に戦うべき仲間と認め、その手を取りました。これは、シャナの悠二に対する信頼の強さの表れ・・・。悠二とシャナがこれまで積み重ねてきた成長が、今この戦いをもって試される時がきたのです!!

ところで、フィレスより授けられた宝具をどのタイミングで使うのかとドキドキハラハラさせてくれた吉田ですが、シャナとの約束を思い出し、結局それは使用されることはありませんでした。自分勝手な思いでは決して人は救えない・・・あそこで、思いとどまることが出来たのも、シャナと理解を深め合ったおかげでしょうね。とにかく、良かった・・・。


動き出す巨大な徒・・・周囲を覆っていた殻も消滅し、いよいよそれがその姿を露にした・・・。


大きな危機の中、敵の心臓部で敵と交戦する悠二とシャナ・・・。驚いたのは、銀が悠二に向かって攻撃を放とうとした時でした・・・悠二の姿を捉えた際に、どういうわけか一瞬攻撃を躊躇したのです。

そのせいで、攻撃はわずかに外れ・・・しかし、その隙をシャナが見逃すはずもありませんでした。高く舞い上がると、力強き一撃を敵へと放ったのです。さらに悠二がここに追撃を加え、どうにか自身の体に零時迷子を取り戻すことに成功したのでした・・・。


あの瞬間に攻撃を躊躇したこと、そして翼を広げ舞い上がったシャナを見て取った行動・・・銀の中には確実に、史菜の思い出が刻みこまれていたということなのです。そして、それが悠二達を救ったという事実には、なんとも感慨深いものを感じますね。

史菜と過ごした時間、そして彼女のためにしてあげたこと・・・それは意外な形で、シャナと悠二に対する救いとして作用したのですから・・・。

またヘカテーは何の躊躇もなく、悠二を亡き者にしようとしていましたが、やはり彼女の中にも、史菜の記憶は確実に受け継がれていたようです。

空っぽだった心・・・しかし、史菜の学園での生活によって、それが満たされ、ヘカテーにも無意識のうちに、大きな影響を及んでいたのでした。

最後に、彼女の流した涙がまさにそれでありましたね。もちろん、今のヘカテーには、その感情が何であるかを理解することは出来ないのでしょうが・・・。

かくして、バル・マスケの計画はシャナ達の活躍により阻止され、街は救われたのでした。ヴィルヘルミナとマージョリーも無事帰還し、取りあえずの決着がついたと言えるでしょう。そして、恋の決着は・・・。


さて、シャナ二期も今回で最終回を迎えました。とにかく、多かったのが前半の学園での日常がどうにも退屈だったという声。ただ、中盤以降、戦闘シーンが多くなってきた辺りから、この作品に対する評価は変わっていきました。

終盤にかけて、評価が尻上がりに上がっていくというのはめずらしいことですね。本当に、よくここまで立て直せたものだなと感心してしまいます。

とにかく、戦闘シーンでの描写は素晴らしいものがあり、また一期の時もそうであったように、視聴者のテンションを高める、演出も光っていたと思います。この熱さは他のアニメではなかなか味わえないものですね。

また、最終回では、悠二とシャナの成長がはっきりとした形で提示され、その成長が勝利を呼び込んだという結末にも、十分な説得力を持たせることが出来ていましたね。


で、肝心の恋の決着ですが、悠二は誰を選んだのか?・・・残念ながら今回はそれがはっきり描かれていませんでした。ある程度含みを持たせた結末・・・最後のあれは、悠二の足跡かな?

雪の上に足跡が残っていると言う絵・・・あれは悠二の歩んだ先に、広がる未来というものを暗示していたように思えます。そして、シャナと一美どちらを選んだかは分からないが、どの選択にも明るい未来が待っているというところで、締めくくられていたのではないでしょうか?


まあ、三期の可能性もないとは言えないですし、ここで決着をつけてしまうのはおいしくないという判断があったのかもしれませんね。個人的にはこの結末で納得しております。

そんなわけで、スタッフ並びに声優の皆様お疲れ様でした。また、この作品の感想記事を見てくださった方、今までコメントをくださった方、本当にありがとうございました。よろしければ感想などを聞かせてくださいね。


やっぱりシャナは面白かった。後半のあの半端ない盛り上がり方のおかげで、前半のことはすっかり忘れてしまったぜ・・・。それにしても、史菜とはもう会えないのかな?


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第16弾をアップ!!今回はガンダム特集!!(08/02/25更新)>
相変わらず遅くなって申しわけございません。ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第16弾」をアップしたしました。今回は「ガンダム特集」でございます。16話放送時点での、ストーリー、キャラクター、メカ考察など、様々な面から語っております。
また、女性パ-ソナリティとの楽しいOPトーク、そしてアニメやゲームについて深く濃く語り合っております。
今期のアニメ評価、狼と香辛料、TRUE TEARS、シゴフミ、ペルソナ、ARIA、みなみけ等、そしてレトロゲーム紹介、クイズショタオネアもあるよ。興味のある方は是非聞いてみてくださいね。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第16弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンタム00、クラナド、狼と香辛料、ロザリオとバンパイア、君ある、H2O、さよなら絶望先生、ペルソナ、true tears 、シゴフミ、バンブーブレード、ハヤテのごとく、みなみけ等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

灼眼のシャナII 第II巻


灼眼のシャナ - livedoor Blog 共通テーマ

http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128245/11988527
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/4290-b2c8bfa4
http://d.hatena.ne.jp/kalura/20080329/1206795202

0 Comments

Post a comment