(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第25話 「刹那」

機動戦士ガンダム00 4




命が宇宙に次々と散っていく。船は沈み、MSは爆発する。激しい戦いの果て、刹那は自分の信念をつらぬくために、世界のゆがみに向けて最後の突撃を敢行した・・・。生きる!!」・・・アレルヤとハレルヤの想いは一つになった。その瞬間、ガンダムキュリオスは鬼となる・・・。

なぜだ!?私は完璧な超兵のはずだ!!」吼えるソーマ。しかし、アレルヤはその全てを否定するかのように、圧倒的強さを見せつける。「反射と思考の融合。それが超兵だ!!」・・・まさにそれは、ソーマがこれまで積み上げてきたもの、自身の存在意義・・・それら全てが崩れ去った瞬間かもしれない・・・。

しかし、彼女は全てを失ったわけではなかった!!ソーマを庇い飛び込んできたセルゲイ大佐。アレルヤとハレルヤが二つで一つならば、ソーマにもまたセルゲイがいる!!その強さは互角・・・そして決着がついた・・・。

それにしても、ソーマがアレルヤの妹だとは想像もしなかった・・・。なるほど、彼女が現われた時に、アレルヤの脳波が乱れるのは、それが原因であったわけですね。そして、その事実をハレルヤは知っていた・・・おそらくそれは、アレルヤ自身の罪の意識が及ぼしたものに違いない・・・あまりにも悲しい戦いだった・・・。


一方の刹那も、モビルアーマーを操縦するアレハンドロとの激しい戦いを繰り広げていました。そして、ラッセという尊い犠牲(?)を払い何とかこれに勝利・・・が、当然の如くこれで終わるはずもありませんでしたね。

モビルアーマーの中より現われた、金色の機体・・・世界の歪みの元凶たるこの男を倒さねば、世界の救済などありえない。しかもこのアレハンドロは、世界の支配などという何とも俗っぽい野望を掲げている「ちっちゃい男」・・・即刻、打ち倒すべきなのだ!!

トランザムシステムの発動!!そして、敵のGNフィールドを切り裂く剣!!!破壊・・・そう、それは未来に繋がる、再生のための破壊なのだ!!!!

俺達がガンダムだ!」刹那の口からは、初めて聞くその言葉・・・それはロックオンの言葉を思い起こさせる。「刹那はCBの理念を体現するガンダムと一体になろうとしている」と・・・そして、刹那はこの瞬間にCBの意志の全てを剣へと込めたのだった・・・。

まあ、アレハンドロが道化に過ぎないというのは、刹那の前にモビルアーマーで現われた時点で確定していたことであったと思います。リボンズがなかなか姿を現さなかったのも、彼が真の黒幕であったからか・・・。まあ、道化にふさわしい最後と、その本性を露にした真のラスボス・・・二期への伏線もばっちりといったところか?


まだいるのか!?」・・・ああいるとも、最後の男が・・・そう、いつだって我々を熱くさせるのは男を他においていない!!

擬似太陽炉を積んだフラッグ・・・「会いたかったぞガンダム!!」 待っていたぞグラハム・エーカー!!!

刹那がCBの意志を背負っているのだとしたら、グラハムも死んだ仲間の想いを背負っている・・・負けられないのだ。そして、互いに決して譲ることの出来ない戦いが、最大級の激しさをもって繰り広げられる。それはまさに死闘と呼べるものだった。

その代償が二人の命だったとしても、我々は二人がその戦いにかけた想いを忘れることはないだろう。そして、二人が戦いの最中に交わした熱い言葉の一つ一つも・・・・。

運命の赤い糸で結ばれていたようだな!!」 なんだってぇ~!?赤い糸なんだ・・・恐ろしく聞き間違いかと思ったぜ。

この気持ち、まさしく愛だ!!」 愛?半ば呆れたような驚いたような反応で返した刹那に、少し同情したくなったぜ。ああ・・・愛なんだよきっと。

だが、愛を超越すればそれは憎しみとなる!!」 なんてこった!ロボットで愛憎劇をやらかすとは、何たる新感覚!!うん、色々な意味で興奮した!!

しかしまあ、二人の話す理屈はエゴでしかない。そして、そうしたエゴとエゴのぶつかり合いこそが、争いを呼び起こすものであるということに気づいていないから愚かであるのです。結局、この二人が倒れたという事実が、世界の答えだったのかもしれない・・・


さて、ガンダム00もとりあえずは最終回を迎えました。半年後に二期が待っていますが、その際には土6の枠は復活するのでしょうか?

それはともかく、言いたいことが山積みでもはや何から話せばいいのやら・・・。とにかく、ラスト数話の盛り上がり方は異常で、ネットの世界で話題が尽きることはなかったのではないでしょうか?

そうした作り手の狙いはある意味、功を奏したと言えるでしょう。ただ、純粋に一つの物語として見た場合に、多くの疑問が噴出してしまうわけですが・・・もはやそんなものは関係ない!!という勢いによってねじふせてしまったところが、このアニメらしいとも言えますね。

ただ、ラストのアフターエピソードを見てしまったら、次回作への期待を抱かざるをえないでしょう。生きていた、好敵手達・・・そして、CBの復活、健在であったことが判明したティエリア・・・。

また、あれから4年後の設定ということで、沙慈も自分の夢であった宇宙にようやく飛び出すことが出来たようです。彼が目指すのは、世界が意志を一つに創設された地球連邦で働くことなのか?

ところが悲しいことに、地球連邦と対立するであろう復活したCBに、ルイスの姿がありました。彼女の腕は現在の地球の技術では治らなかったはずなので、おそらくCBの医療技術(例の操舵士のサイボーグ化?)で治してもらったのでしょう。

これも、ヴェーダの意志か?・・・ただ、彼女がマイスターなのかどうかは不明。もしかすると欠員となった操舵士のポジションにはまるかもしれませんからね。

何れにせよ、ガンダムに対して激しい憎しみを抱く沙慈が、地球連邦側についた場合には、それと対立する立場にあるCBのルイスというあまりにも不条理なドラマが完成するのです。

そこには歪みが生じている・・・そうした不条理の連鎖を果たして二人は断ち切れるのだろうか・・・。

そして、設立された地球連邦、その背後にある存在・・・リボンズ。彼の真の狙いが何であるかはまだ分かりませんが、世界は一つの意志によって統一された今、一体何を望むのだろうか・・・。

もちろん、CBも現時点では武力介入を行なう意味はない、となると二期の開始早々に何か大きな事件が起こるのだろうか?・・・等々興味はつきないですね。

とにかく二期には激しく期待ということで、・・・スタッフ並びに声優の皆様お疲れ様でした。また、この作品の感想記事を見てくださった方、今までコメントをくださった方、本当にありがとうございました。よろしければ感想などを聞かせてくださいね。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第16弾をアップ!!今回はガンダム特集!!(08/02/25更新)>
相変わらず遅くなって申しわけございません。ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第16弾」をアップしたしました。今回は「ガンダム特集」でございます。16話放送時点での、ストーリー、キャラクター、メカ考察など、様々な面から語っております。
また、女性パ-ソナリティとの楽しいOPトーク、そしてアニメやゲームについて深く濃く語り合っております。
今期のアニメ評価、狼と香辛料、TRUE TEARS、シゴフミ、ペルソナ、ARIA、みなみけ等、そしてレトロゲーム紹介、クイズショタオネアもあるよ。興味のある方は是非聞いてみてくださいね。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第16弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
ガンタム00、クラナド、狼と香辛料、ロザリオとバンパイア、君ある、H2O、さよなら絶望先生、ペルソナ、true tears 、シゴフミ、バンブーブレード、ハヤテのごとく、みなみけ等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

機動戦士ガンダム00オフィシャルファイル 専用バインダー付き4号


ガンダム00(ダブルオー) - livedoor Blog 共通テーマ

http://samada08.blog10.fc2.com/tb.php/190-233f7170
http://blogs.yahoo.co.jp/shanaou421/trackback/1658280/35760661
http://blogs.yahoo.co.jp/takururu0001/trackback/422242/5304608

0 Comments

Post a comment