(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第4話 「逆襲の処刑台」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01




窮地の中でルルーシュはロロにある取引を申し出る。それは……。刻一刻と迫る処刑の時。絶対的に不利な状況。待ち構えるは宿敵ギルフォード。そしてついにゼロが姿を現した!ロロの甘さ・・・

ロロの能力は「時を止める力ではない」。これに関しては、前回ですでに多くの人が気づいていたようです。物理現象は止められない・・・すなわち人(生物?)にしか作用しない力。ルルーシュは「人の体感速度を止める」と話しました。用はロロがギアスが発動すれば、人は動けなくなるのです。効果継続時間は5,6秒といったとこか?しかし、人一人を殺すには十分な時間ですね。

さて、ロロに銃を向けられ危機的状況に陥ったルルーシュ。この状況をどう乗り切ったのかと言えば、それはやはり精神的揺さぶりによって果たされたのです。「ここで私を殺しても任務は達成されない。C.C.を捕獲しない限りは。そして、私ならC.C.を呼び出せる」・・・甘い言葉だ。さらに「C.C.を捕まえるという任務の先に希望はあるのか?」と問い、ロロの心が揺れ動くの見透かすとすぐに、「俺を殺したら任務は果たせない。C.C.を捕まえたいんだろ?」とダメ押しの一言。

うまい・・・相手の弱さにつけこんで・・・というのはロロが得意とする心理戦。まあ、彼自身も大いに甘ちゃんであるからこそ、その心理作用がよく理解できるのでしょうね。何れにせよ、「C.C.捕獲」という甘い言葉に乗り、ロロはルルーシュと一時的に手を結ぶことに成功した。


動き出したシンクー・・・その時カレンは?そしてC.C.は・・・

ゼロの起こした行動は、シンクーを動かした。シンクーはC.C.とカレンに取引を持ちかける。黒の騎士団を潰さない代わりに、総領事は彼らが殺したことにしろと・・・。実際この後シンクーは総領事を躊躇なく殺したのです。

高邁なる野望か?俗なる野心か?」は、まだシンクーの考えが読めないため分からない。

ただ「天子様」や、「寄生虫たる大宦官」という発言から想像するに、彼が自国に対して反旗を翻そうとしているわけではないことは、確かでしょう。国の現状には嘆いているかもしれませんが・・・。

となると、C.C.の言葉通り、ゼロがシンクーの引き金をひいたということか・・・。天子はまだ子供であるようですし、それをいいことに、実際の権力は宦官たちが握り好き放題やっているのかもしれない。シンクーは、その現状を苦々しく思っている・・・。結局今回の件は、シンクーにとってそれを変えるための一つのきっかけとなった・・・といったところでしょうか?

何れにせよ、「ゼロが現われたなら」という条件で、シンクーは黒の騎士団が動くことを許可しました。黒の騎士団なら例えブリタニアに発砲したとしても知らん顔を決め込める。まあ、シンクーはなかなかにキレる男のようです。


そしてゼロは現われた!!

ロロはヴィンセントに乗り込み、ルルーシュが現われるのを待っていた。そして、いよいよ刑の執行が始まる。が、その時!ゼロが姿を現した!!

相変わらずの変態仮面っぷり!(苦笑)・・・いやそれはいいとして、味方の支援を受けられないルルーシュにとって、これはたった一人の戦いになりました。

ルルーシュはギルフォードに、一対一の決闘を望みます。ギルフォードもこれを承諾。さらに、武器は一つだけとし、ルルーシュ自身は暴徒鎮圧用のシールドを使うことを選択したのです。これには周囲も唖然・・・武器にならない武器、ルルーシュは元より自決するつもりなのだと、誰もが思ったことでしょう。

だがもちろん、これもルルーシュの算段のうち・・・「悪を為して巨悪を討つ!!」その言葉がギアス発動のきっかけとなりました。突如揺れ動く、パネル!ブリタニア軍は大きなパニックへと陥いります。これは「ブラックリベリオン」の時にもルルーシュが使った作戦でありましたね・・・。

この混乱に乗じてルルーシュは、カレンに扇達の救出を指示すると、自身は総領事館に向け逃亡を図ります。ところが、それを追ってきたのがロロ。C.C.を捕まえるという約束を裏切ったルルーシュを逃がすはずもない・・・大きな憎みと共にそれは間近に迫ってきた・・・。


ルルーシュの選択とロロの選択・・・

作戦前、ルルーシュは大いに悩んでいました。ロロを何とか始末したいが、彼を殺せばルルーシュの記憶が戻ったことが知られてしまう。そうすれば、ブリタニアにいると考えられるナナリーに危険が及ぶかもしれない。黒の騎士団を救いだし、同時にロロを排除する方法はないものだろうか?・・・と。

扇達の救出は見事成功しました。まあ、これに関してはルルーシュのギアスがあれば造作もないことでしょうね。問題は、ロロなのです。そこで、ルルーシュはロロを懐柔する作戦に出ました。まあ、彼のこれまでの生い立ちを考えればピッタリとはまる作戦だったのかもしれません。

ギアスは人を孤独すると言う・・・それはロロも例外ではなく、彼の存在意義というのは、もはやギアス能力が使えるという事意外にはなかったのです。家族もなく、居場所もない・・・それは彼がもっとも欲しているものであることは、前回のルルーシュからもらったロケットを大事にしたり、「家族」と言葉に過剰反応したりというロロの行動からも理解できます。

ルルーシュは、そのロロの最も弱い部分をピンポイントで突いてきたのです。もちろん、そのための仕込みも忘れない・・・。

デヴィッドにギアスをかけ、自身を追うナイトメアを背後より撃つよう指示。これから、ルルーシュがロロを庇ったのももちろん作戦のうち。ただしその後の対処はロロ次第で、ディビッドには「破壊」か「待機」かを指示したのです。

つまり、ロロがルルーシュの言葉に乗ってこなかった場合には、ルルーシュは機体から脱出してディヴィッドにロロを撃たせるつもりだったわけですね。


ルルーシュにそれが出来るとは思えない・・・

最初からブリタニアに安らぎはなかったんだ。お前の居場所はここにある・・・」なんと甘いささやきだろうか。当然、ロロの心は大きく動きました。「落ちたな・・・」その瞬間ルルーシュはニヤリと笑った。

ルルーシュという男は本当に恐ろしい・・・それは巧妙なワナであったわけです。まずは、任務を達成しなければ未来はないと説き、C.C.捕獲意外には考えせられないというところにロロを追い込みました。

この時点で、すでにロロの中ではかなりの混乱が生じていました。そして、C.C.捕獲の約束をルルーシュが破ったことにより、さらなる混乱が襲います。ここにトドメを刺したのが、ルルーシュがロロを救うという予想外の行動。これによって、ルルーシュはロロを完全に思考停止状態へと陥らせたのです。

後は、ロロの食いつきそうなキーワードを巧みに散りばめ、甘い言葉で誘惑するだけ・・・ロロが落ちたのは言うまでもないでしょう。もっとも「散々使い果たしてほろ雑巾のように捨ててやる」の言葉には笑うしかありませんでしたが・・・。またまた~その気もナイクセにホントにルルーシュはお茶目さんだな~

きっと、ロロはルルーシュにとっての大きな弱みとなるはず。スザクがそうであったように・・・。まあ、そこがルルーシュの人間らしいところで、一番の萌えポイントなんだから仕方ないね!(苦笑)


さて、扇達も無事救出でき、とりあえずは一件落着。暫くは、総領事館も使わせてもらえるでしょう。後は、ディートハルト達の動き次第かな?黒の騎士団は本格的な始動はまだこれから・・・今はもう少し学園コメディを楽しみますか!次回にも期待!!


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第17弾をアップ!!新作アニメも紹介するぜ(08/04/05更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第17弾」をアップしたしました。今回は「今期4月スタート新作アニメの見どころの紹介」また俗・絶望先生第6話に見る「傾向と対策」、そして女性パ-ソナリティとの楽しいOPトーク、オノギとピ~子の部屋、レトロゲーム紹介などのおなじみのコーナーも充実!興味のある方は是非聴いてくださいませ。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第17弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中~」

<~アニメ話しをネットラジオで~>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
コードギアスR2、マクロスF、ソウルイーター、To LOVEる 、ドルアーガの塔 、かのこん 、ダ・カーポII セカンドシーズン 、ペルソナ、仮面のメイドガイ 、絶対可憐チルドレン、我が家のお稲荷さま。 、図書館戦争 、狂乱家族日記 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<~ポッドキャストラジオの配信~>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://blogs.yahoo.co.jp/yfddc956/trackback/1735231/37449740
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/ab205b46de2e2d5a4b6deefd8ce7e057/f5
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/e8fabdce14bc15dc354e49c3d3e3af0c/75
http://manialaboratory.blog106.fc2.com/tb.php/47-2e988d45
http://pub.ne.jp/tb.php/1367382

0 Comments

Post a comment